メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「生葉」検索結果。

生葉の商品検索結果全32件中1~32件目

小林製薬 生葉液330ml×2 【あす楽対応】 1310 【第2類医薬品】

おくすりやさん

1,414

小林製薬 生葉液330ml×2 【あす楽対応】 1310 【第2類医薬品】

商品説明 洗口液 5種類の天然由来の成分配合、歯槽膿漏、歯肉炎を予防します。 ○ヒノキチオール(ヒバ含有成分)、グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来成分)配合。 ○ムクロジエキス(天然由来の洗浄成分)、シャクヤクエキス、トウキエキス(ひきしめ成分)配合。 効能・効果 ○歯周炎(歯槽膿漏)の予防 ○歯肉(齦)炎の予防 ○虫歯を防ぐ ○口臭の防止 ○歯を白くする ○口中を浄化する ○口中を爽快にする 使用上の注意 使用の際は説明文書をよくお読み下さい。 成分・分量 成分 精製水・エタノール(溶剤)、濃グリセリン(湿潤剤)、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油(可溶剤)、香料(ハーブミントタイプ)(香味剤)、2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタイン・エデト酸二ナトリウム・グリチルレチン酸ステアリル(安定剤)、グリチルリチン酸ジカリウム・ヒノキチオール(薬用成分)、ムクロジエキス(洗浄剤)、トウキエキス・シャクヤクエキス(収れん剤)、パラオキシ安息香酸エステル(防腐剤)、L-メントール(清涼剤) 有効成分 ○抗炎症作用 歯グキの炎症を抑える:グリチルレチン酸ジカリウム(甘草由来成分) ○殺菌作用 お口を清潔にする:ヒノキチオール(ヒバ含有成分) 用法・用量 使用方法 用事、適量を口に含み、歯及び歯ぐきをブラッシングする。 ※20秒を目安にお口に含む。 使用量の目安 10mL(キャップ内側の線) 内容量 330mL ×2 お得な2個セット! 保管及び取り扱い上の注意 (1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。 (2)小児の手の届かない所に保管してください。 (3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。) (4...

【第2類医薬品】小林製薬 生葉漢方錠 84錠

マツモトキヨシ楽天市場店

1,110

【第2類医薬品】小林製薬 生葉漢方錠 84錠

※写真はイメージです。実際にお届けする商品とパッケージなどが異なる場合がございます。商品の特徴歯グキの腫れ・痛みなどを伴う歯肉炎に飲んで内側から効く歯肉炎、扁桃炎(上段)使用期限(西暦年.月)/(下段)製造番号成分・分量1日量(12錠)中排膿散及湯エキス・・・2.9g 原生薬換算量 [キキョウ2.0g、カンゾウ1.5g、タイソウ1.5g、シャクヤク1.5g、ショウキョウ0.5g、キジツ1.5g (添加物:無水ケイ酸を含む)]添加物として、無水ケイ酸、ケイ酸Al、CMC-Ca、ステアリン酸Mg、トウモロコシデンプンを含有する●本剤は天然物(生薬)を用いているため、錠剤の色が多少異なることがあります効能又は効果歯肉炎、扁桃炎、化膿性皮膚疾患の初期又は軽いもの 効能・効果に関連する注意 体力に関わらず、使用できる用法及び用量次の量を食前または食間に水またはお湯で服用してください大人(15才以上)・・・1回量4錠、1日服用回数3回15才未満・・・服用しないこと定められた用法・用量を厳守すること●食間とは「食事と食事の間」を意味し、食後約2~3時間のことをいいます使用上の注意点●相談すること1.次の人は服用前に医師、歯科医師、薬剤師または登録販売者に相談すること(1)医師、歯科医師の治療を受けている人(2)妊婦または妊娠していると思われる人(3)高齢者(4)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみなどを起こしたことがある人(5)次の症状のある人:むくみ(6)次の診断を受けた人:高血圧、心臓病、腎臓病2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので直ちに服用を中止し、製品のパッケージを持っ使用上の相談点1.次の人は服用前に医師、歯科医師、薬剤師または登録販売者に相談すること(1)医師、歯科医師の治療を受けている人(2...

送料無料
【第2類医薬品】【送料無料!メール便対応!】生葉漢方錠 84錠 【小林製薬】【P25Apr15】

エナジードラッグ

1,130

【第2類医薬品】【送料無料!メール便対応!】生葉漢方錠 84錠 【小林製薬】【P25Apr15】

生葉漢方錠 84錠 歯グキの腫れ・痛みなどを伴う歯肉炎に飲んで効く漢方錠です。医薬品。 使用上の注意 ●相談すること 1.次の人は服用前に医師、歯科医師、薬剤師または登録販売者に相談すること (1)医師、歯科医師の治療を受けている人 (2)妊婦または妊娠していると思われる人 (3)高齢者 (4)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみなどを起こしたことがある人 (5)次の症状のある人:むくみ (6)次の診断を受けた人:高血圧、心臓病、腎臓病 2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので直ちに服用を中止し、製品のパッケージを持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること 関係部位症状 皮ふ発疹・発赤、かゆみ 消化器胃部不快感 まれに下記の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること 症状の名称症状 偽アルドステロン症、ミオパチー手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる 3.5-6日間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、製品のパッケージを持って医師、歯科医師、薬剤師または登録販売者に相談すること 4.長期連用する場合には、医師、薬剤師または登録販売者に相談すること 5.本剤の服用により、まれに症状が進行することもありますので、このような場合には、服用を中止し、医師、薬剤師または登録販売者に相談すること 原産国 日本 効能・効果 歯肉炎、扁桃炎、化膿性皮膚疾患の初期又は軽いもの ●効能・効果に関連する注意:体力に関わらず、使用できる 用法・用量 次の量を食前または食間に水またはお湯で服用してください。 年齢1回量1日服用回数 大人(15才以上)4錠3回 15才未満服用しないこと 【用法・用量に関連する注意】 定められた用法...

【第3類医薬品】生葉液薬 20g 小林製薬 シヨウヨウエキヤク [シヨウヨウエキヤク]【返品種別B】

Joshin web 家電とPCの大型専門店

788

【第3類医薬品】生葉液薬 20g 小林製薬 シヨウヨウエキヤク [シヨウヨウエキヤク]【返品種別B】

在庫状況:○在庫あり□「返品種別」について詳しくはこちら□この商品の説明書(PDF)はこちら使用上の注意してはいけないこと使用期限(パッケージ底面およびビンラベルに記載)を過ぎた製品は使用しないこと相談すること1.次の人は使用前に医師、歯科医師、薬剤師または登録販売者に相談すること(1)医師または歯科医師の治療を受けている人(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、 この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること [関係部位] [症状] 皮 ふ 発疹・発赤、かゆみ その他 味覚異常3.5~6回使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この文書を持って 医師、歯科医師、薬剤師または登録販売者に相談すること■効能・効果歯肉炎・歯槽膿漏における諸症状(歯ぐきの出血・発赤・はれ・うみ・痛み・むずがゆさ、口のねばり、口臭)の緩和、口内炎。■用法・用量歯肉炎・歯槽膿漏:1日2回(朝・晩)ブラッシング後、適量(約0.3g)を綿棒を用いて 歯ぐきに塗りこむ。口内炎 :1日2~4回、適量を患部に塗布する。(1)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させること(2)歯科用にのみ使用すること■成分・分量(100g中)[有効成分]ヒノキチオール[分 量]0.1g[はたらき]殺菌作用[有効成分]セチルピリジニウム塩化物水和物[分 量]0.05g[はたらき]殺菌作用[有効成分]グリチルリチン酸二カリウム[分 量]0.4g[はたらき]抗炎症作用[有効成分]アラントイン[分 量]0.3g[はたらき]組織修復作用添加物として、エテド酸Ca/2Na、クエン酸、ポリソルベート80、ハッカ油...

【第3類医薬品】小林製薬 生葉口内塗薬 20g

くすりのレデイハートショップ

757

【第3類医薬品】小林製薬 生葉口内塗薬 20g

この商品は医薬品です、同梱されている添付文書を必ずお読みください。※商品リニューアル等によりパッケージ及び容量は変更となる場合があります。ご了承ください。製造元 小林製薬株式会社歯ぐきの出血、腫れ、うみ、痛み、むずがゆさ、口臭など歯肉炎、歯槽膿漏における諸症状、口内炎に優れた効きめがある口中塗り薬です。高粘着ジェルタイプなので、4つの有効成分が歯周ポケット内に長く留まって効果的に作用し、優れた効き目を発揮します。歯茎全体にマッサージしながら塗り込むとより効果的です。歯茎にスーッとしみ込むような爽やかな使用感です。 医薬品の使用期限 医薬品に関しては特別な表記の無い限り、1年以上の使用期限のものを販売しております。1年以内のものに関しては使用期限を記載します。 使用上の注意 相談すること1.次の人は使用前に医師、薬剤師または登録販売者に相談すること(1)医師または歯科医師の治療を受けている人(2)薬などによりアレルギー症状をおこしたことがある人2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、製品の添付文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること 関係部位 症状 皮ふ 発疹・発赤、かゆみ その他 味覚異常 3.5~6回使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、製品のパッケージを持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること 効能・効果 歯肉炎・歯槽膿漏における諸症状(歯ぐきの出血・発赤・はれ・うみ・痛み・むずがゆさ、口のねばり、口臭)の緩和、口内炎。 用法・用量 歯肉炎・歯槽膿漏:1日2回(朝・晩)ブラッシング後、適量(約0.3g)を指にのせ、歯ぐきに塗りこむ。口内炎:1日2~4回、適量を患部に塗布する。用法・用量に関連する注意(1)小児に使用させる場合には...

【最安値挑戦中!】【第3類医薬品】小林製薬 生葉口内塗薬20g

ユニバーサルドラッグe-shop

758

【最安値挑戦中!】【第3類医薬品】小林製薬 生葉口内塗薬20g

【生葉 口内塗薬の商品特徴】 ●「生葉 口内塗薬20g」は、歯茎の腫れ・うみ・痛み・むずがゆさ、口臭など歯肉炎・歯槽膿漏における諸症状、口内炎に優れた効きめがある歯周病用の口中薬です。高粘着ジェルタイプなので、4つの有効成分が歯周ポケット内に長く留まって効果的に作用し、優れた効き目を発揮します。歯茎全体にマッサージしながら塗り込むとより効果的です。歯茎にスーッとしみ込むような爽やかな使用感です。 【効能・効果】 歯肉炎・歯槽膿漏における諸症状(歯ぐきの出血・発赤・はれ・うみ・痛み・むずがゆさ、口のねばり、口臭)の緩和、口内炎 【用法・用量】 ・歯肉炎・歯槽膿漏:1日2回(朝・晩)ブラッシング後、適量(約0.3g)を指にのせ、歯ぐきに塗りこむ。 ・口内炎:1日2-4回、適量を患部に塗布する。 (用法・用量に関する注意) (1)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させること。 (2)歯科用にのみ使用すること。 【成分:100g中】 ヒノキチオール・・・0.1g(殺菌作用) 塩化セチルピリジニウム・・・0.05g(殺菌作用) グリチルリチン酸二カリウム・・・0.4g(抗炎症作用) アラントイン・・・0.3g(組織修復作用) 添加物として、エデト酸カルシウムニナトリウム、クエン酸水和物、ポリソルベート80、ヒプロメロース、CMC-Na、ハッカ油、キシリトール、プロピレングリコール、L-メントール、緑色3号、黄色4号(タートラジン)、香料を含有する。 【使用上の注意】 ●相談すること 1.次の人は使用前に医師、歯科医師または薬剤師に相談すること (1)医師の治療を受けている人 (2)本人または家族がアレルギー体質の人 (3)薬によりアレルギー症状やぜんそくを起こしたことがある人 2.次の場合は、直ちに服用を中止し...

小林製薬 【第3類医薬品】 生葉液薬(20g)

ビックカメラ楽天市場店

700

小林製薬 【第3類医薬品】 生葉液薬(20g)

■歯ぐきの出血・腫れ・うみ・痛み・むずがゆさ、口臭など歯肉炎・歯槽膿漏における諸症状、口内炎に優れた効きめがあります。■液体タイプなので、4つの有効成分を歯周ポケットにもすばやくいきわたらせ、効果的に作用し、優れた効きめを発揮します。■歯ぐきにスーッとしみ込むような爽やかな使用感です。文責:早川 恵美子(管理薬剤師)使用期限:半年以上の商品を出荷します。※医薬品には副作用リスクがあり、安全に医薬品を服用して頂く為、お求め頂ける数量を制限しております。※増量キャンペーンやパッケージリニューアル等で掲載画像とは異なる場合があります※開封後の返品や商品交換はお受けできません機能項目シリーズ名/愛称生葉【使用上の注意】 ※必ずお読みください■相談すること1.次の人は使用前に医師、歯科医師、薬剤師または登録販売者に相談すること (1)医師または歯科医師の治療を受けている人 (2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、製品のパッケージを持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること [関係部位:症状] 皮ふ:発疹・発赤、かゆみ その他:味覚異常3. 5~6回使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、製品のパッケージを持って医師、歯科医師、薬剤師または登録販売者に相談すること

こちらの関連商品はいかがですか?

デントヘルスR 20g

古市健康薬品店

700

デントヘルスR 20g

患部に留まり直接効く口中薬です。歯ぐきの腫れ・出血・痛み、口内炎に。医薬品。 使用上の注意 ●相談すること 1.次の人は使用前に医師、歯科医師又は薬剤師に相談してください (1)医師又は歯科医師の治療を受けている人。 (2)本人又は家族がアレルギー体質の人。 (3)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。 2.次の場合は、直ちに使用を中止し、添付文書を持って医師、歯科医師又は薬剤師に相談してください (1)使用後、次の症状があらわれた場合 皮ふ:発疹・発赤、かゆみ その他:味覚異常 (2)しばらく使用しても症状がよくならない場合 効能・効果 歯肉炎・歯槽膿漏における諸症状(歯ぐきの出血・発赤・はれ・うみ・痛み・むずがゆさ、口のねばり、口臭)の緩和、口内炎 用法・用量 ●歯肉炎・歯槽膿漏:1日2回(朝・晩)ブラッシング後、適量(約0.3g、約1.5cm)を指にのせ、歯ぐきに塗り込んでください。 ●口内炎:1日2-4回、適量を患部に塗ってください。 「用法・用量に関連する注意」 (1)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。 (2)歯科用にのみ使用してください。 成分・分量 100g中 グリチルリチン酸二カリウム:0.4g(抗炎症作用により、歯ぐきのはれ・発赤を緩和します。) アラントイン:0.3g(組織修復作用により、歯ぐきからの出血をおさえます。) ヒノキチオール:0.1g(組織収斂作用により、歯ぐきをひきしめ、はれを緩和します。) セチルピリジニウム塩化物水和物:0.05g(殺菌作用により、歯周疾患の原因となる細菌の増殖をおさえます。) 添加物として、カルボキシビニルポリマー、ヒプロメロース、ポビドン、アルギン酸Na、pH調整剤、グリセリン、エタノール、ポリソルベート60、ステアリン酸ソルビタン...

スポンサーリンク
スポンサーリンク