メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「麻杏ヨク甘湯」検索結果。

麻杏ヨク甘湯の商品検索結果全10件中1~10件目

送料無料
【第2類医薬品】定形外便発送 代引き&同梱不可送料無料 クラシエ 麻杏ヨク甘湯 180錠  まきょうよっかんとう  まきょうよくかんとう

メガヘルスマート

2,609

【第2類医薬品】定形外便発送 代引き&同梱不可送料無料 クラシエ 麻杏ヨク甘湯 180錠 まきょうよっかんとう まきょうよくかんとう

商品名 クラシエ 麻杏よっ甘湯 180錠 成分 12錠中 : 麻杏よく甘湯エキス粉末 1600mg (マオウ4g,キョウニン3g,ヨクイニン10g,カンゾウ2gより抽出) 添加物 トウモロコシデンプン,ステアリン酸マグネシウム,カルメロースカルシウム(CMC-Ca),二酸化ケイ素,セルロース 効能 関節痛,神経痛,筋肉痛 用法・用量 成人(15才以上):4錠:3回 15才未満5才以上:2錠:3回 5才未満:服用しないこと 上記の量を1日3回食前又は食間に水又は白湯にて服用 してください。 服用上の注意 【使用上の注意】 相談すること 1. 次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談してください (1)医師の治療を受けている人 (2)妊婦又は妊娠していると思われる人 (3)胃腸の弱い人 (4)今までに薬により発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人 2. 次の場合は、直ちに服用を中止し、医師又は薬剤師に相談してください (1)服用後、次の症状があらわれた場合 関係部位 症 状 皮ふ 発疹・発赤、かゆみ 消化器 悪心・嘔吐、食欲不振、胃部不快感 まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。 その場合は直ちに医師の診療を受けてください。 症状の名称 症 状 肝機能障害 全身のだるさ、黄疸(皮ふや白目が黄色くなる)等があらわれる。 (2)1 ヵ月位服用しても症状がよくならない場合 3.次の症状があらわれることがありますので、このような症状の継続又は増強が見られた場合には、 服用を中止し、医師又は薬剤師に相談してください ※ 下痢 発売元 クラシエ 薬品株式会社 問い合わせ先:お客様相談窓口 電話:(03)5446-3334 受付時間:10:00~17:00(土,日,祝日を除く) 製造販売元...

こちらの関連商品はいかがですか?

【第2類医薬品】クラシエ七物降下湯エキス錠 96錠

ハック楽天市場支店

2,036

【第2類医薬品】クラシエ七物降下湯エキス錠 96錠

※商品リニューアル等に伴い、パッケージ・内容等が掲載の内容と一部異なる場合があります。※商品は通常4~6営業日以内に出荷します。在庫状況により出荷が遅れる場合があります。予めご了承下さい。 商品説明 ●「七物降下湯」は、我が国近代の著名な漢方医学者大塚敬節先生が自身の高血圧症を治療するため創られた薬方です。●体力中等度以下の人ののぼせ、肩こり、耳なり、頭重など高血圧に伴う随伴症状に広く用いられています。 使用上の注意 相談すること1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください(1)医師の治療を受けている人(2)妊婦又は妊娠していると思われる人(3)胃腸が弱く下痢しやすい人2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください関係部位…症状皮膚…発疹・発赤、かゆみ消化器…食欲不振、胃部不快感3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください下痢4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください 成分・分量 成人1日の服用量12錠(1錠400mg)中、次の成分を含んでいます。成分…分量七物降下湯エキス粉末(チョウトウコウ2.0g、ジオウ・トウキ・センキュウ・シャクヤク・オウギ各1.5g、オウバク1.0gより抽出。)…2000mg添加物として、セルロース、ケイ酸Al、CMC-Ca、ステアリン酸Mgを含有する。成分・分量に関する注意本剤は天然物(生薬)のエキスを用いていますので、錠剤の色が多少異なることがあります。 規格 96錠 効能・効果 体力中等度以下で...

【第2類医薬品】 防己黄耆湯エキス錠 180錠

ドラッグ ヒーロー

1,512

【第2類医薬品】 防己黄耆湯エキス錠 180錠

◆商品説明◆ 本草防已黄耆湯エキス錠-Hは漢方処方「防已黄耆湯」を煎じて服用する不便をなくし,簡便に服用出来るようにエキス錠とした製品です。 使用上の注意 ■相談すること 1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は薬剤師に相談すること (1)医師の治療を受けている人。 (2)妊婦又は妊娠していると思われる人。 (3)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。 2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は薬剤師に相談すること [関係部位:症状] 皮膚:発疹・発赤,かゆみ 消化器:食欲不振,胃部不快感 まれに次の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。 [症状の名称:症状] 間質性肺炎:階段を上ったり、少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる、空せき、発熱等がみられ、これらが急にあらわれたり、持続したりする。 肝機能障害:発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振等があらわれる。 3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は薬剤師に相談すること 効能・効果 体力中等度以下で、疲れやすく、汗のかきやすい傾向があるものの次の諸症:肥満に伴う関節のはれや痛み、むくみ、多汗症、肥満症(筋肉にしまりのない、いわゆる水ぶとり) 用法・用量 次の量を1日3回食前又は食間に服用すること。 [年齢:1回量:1日服用回数] 大人(15歳以上):4錠:3回 7歳以上15歳未満:3錠:3回 5歳以上7歳未満:2錠:3回 5歳未満:服用しないこと 用法関連注意 小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。 成分分量...

スポンサーリンク
スポンサーリンク