メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「高野山線香」検索結果。
お客様が入力された検索条件に該当する商品が見つかりませんでした。

こちらの関連商品はいかがですか?

【セネファ】【せんねん灸】せんねん灸 極上品もぐさ 函入り 線香付き 6.3g【温熱用品】【切りもぐさ】【つぼ灸】

クスリのゴクウ

486

【セネファ】【せんねん灸】せんねん灸 極上品もぐさ 函入り 線香付き 6.3g【温熱用品】【切りもぐさ】【つぼ灸】

商品特徴 ■米粒大のお灸に最適な最上点灸用のもぐさです。 もぐさ本来の風合いをそのまま生かしているので、ほぐしやすく火立ちが柔らかく施灸時間の短縮ができます。点火しやすく折れにくい生地線香付きです。ツボ(皮膚)へ直接お灸をすえる直接灸用もぐさです。 ■お灸に使うもぐさはヨモギの葉の裏の綿毛だけを集めて精製したもので、ヨモギの綿毛にはシネオールなどの製油成分が含まれています。 ■よもぎは、ヨーロッパでは古くからハーブの母と呼ばれ、漢方では艾葉(がいよう)と呼ばれかんぽうとして用いられています。 ご使用方法 1.ツボに印をつけ、もぐさをすえます。 2.もぐさの天辺に線香で火をつけてください。 3.暑さを感じたら火を消してください。※続けてお灸をすえる場合は、火が完全に消えてから、艾の灰を落とさずに軽く押さえ、その上に新しい艾を置きましょう。 ※1回にすえる艾の数は3~5粒を目安にしながら、その日のお肌や体の調子によって変えてください。 ※終了時は、お灸をすえたお肌(ツボ)を清潔な布などで綺麗に拭きましょう。 ■お灸のすえ方 1ツボに印をつけてください。 2.印を付けたツボの上に生姜(しょうが)、ニンニクなどのスライスを置いてその上に小指大の円錐形に丸めたもぐさを乗せます。 3.もぐさの天辺に線香で火をつけてください。 4.一日にすえる回数は一回でも十分ですが、お灸することを習慣づけて継続することが大切です。 5.生姜(しょうが)、ニンニク以外でも味噌、塩、びわの葉、陶器など間接灸には様々な方法がありますご自分にあった方法を見つけてください。 原材料名 伊吹もぐさ(よもぎ) ご使用上の注意 1.次の方は使用しないでください。 ・幼児 2.次の方は使用前に医師、または薬剤師に相談して下さい。 ・今までに薬や化粧品等によるアレルギー症状...

スポンサーリンク
スポンサーリンク