メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「香道具」検索結果。

香道具の商品検索結果全367件中1~60件目

アラスカン・エッセンス/リサーチエッセンス(エンバイロメンタル)[オーガスティンボルケーノ]

Amazon

2,484

アラスカン・エッセンス/リサーチエッセンス(エンバイロメンタル)[オーガスティンボルケーノ]

抑圧されたエネルギーを前向きに オーガスティンボルケーノ Augustine Volcanoこのエッセンスは、オーガスティン火山の数回に渡る噴火の際、4日間かけて、アラスカ中南部の南キナイ半島で作られました。エッセンスをつくる準備を始めたのと同時に、灰と蒸気を含んだ噴煙が火山から立ちのぼり始めるのが見えました。マウント・オーガスティンは、太平洋に浮かぶ無人島で、この惑星の先史時代、原始時代の自然を、現在に至るまでとどめています。噴火は4大基本元素がもっとも基本的なレベルで混ざり合う活動で、水と溶岩が、灰や溶岩流、そして蒸気に変化します。オーガスティン・ボルケーノ・エッセンスは、抑圧されたエネルギーや表現されなかった感情を、前向きな方法で解放させてくれます。自分の内側の未解決のことに触れ、そのエネルギーとリズムにつながり、世界に向かって優雅に表現できるようにします。このエッセンスが与える教訓は、火山爆発などの大異変は、前向きな変化の為の善き道具ととらえることが大切だ、ということです。地球はこれからも、このような激しい調整を内部で続けていかなければなりません。私達がそれらを正しく理解することができれば、楽に乗り切れるというだけでなく、そこに含まれた驚異的に力強いエネルギーを使えるようになります。そのエネルギーとは、私達が、内面から深く、濃く、前向きな変化を遂げるのを支える力です。

送料無料
オーラソーマ イクイリブリアム ボトル B064 50ml ジュワルクール 「人生で不変なものは、変化するということだけである」(使い方リーフレット付)

Amazon

5,616

オーラソーマ イクイリブリアム ボトル B064 50ml ジュワルクール 「人生で不変なものは、変化するということだけである」(使い方リーフレット付)

110本以上の「生きている宝石箱」―オーラソーマ・イクイリブリアムボトル 創始者であるヴィッキーは、イクイリブリアムのことを生きている宝石と形容しました。1本1本のボトルには、独自の輝きがあり、そして独自の物語があります。ボトルの中には、植物や鉱物など自然界のエネルギーが宿り、私たちの目に見える「色」としてのメッセージを送っています。あなた自身が自分のためにボトルを選び、自分のために与えるとき、ボトルは、あなたへの「大切なメッセージ」をもたらしてくれます。 【色】上層:エメラルドグリーン/下層:クリアー/シェイクすると:ペールグリーン 【チャクラ】ハートチャクラ 【魂の使命と目的】真理の探求者で、その真理をフィーリングを通して探検する人。生きることは学ぶことだということを理解しています。自然に秘められたパターンを探求することに惹かれます。バランスを常に求めています。マインドを道具として利用できる人です。決断力に恵まれ、高次の感情(愛、慈悲など)に惹かれています。正しい時に正しい場所にいることができる開拓者であり、戦士です。 【チャレンジとギフト】すぐに落胆し、簡単に恐れに占領されてしまいます。物質的なものにしがみついています。感情が原因でよく妥協をし、これが、統合性に影を落としています。悲しみに捕らわれ、その体験の後ろにある真の理由に目をむけてワークしようとしません。たとえ、そうする能力にもチャンスにも恵まれていてもです。偽りの謙遜の中に入り込んでいます。

送料無料
風だより 冬の章 バラ詰

Amazon

2,376

風だより 冬の章 バラ詰

お線香をお供えする意味合いお線香をお供えすることは、香煙を通じて仏様とお話しすることであると言われています。自分の身を清めたり、仏様の食事といった意味合いもあるようですが、なによりも、よい香りで心を落ち着けて仏様と向き合うことに大きな意味があるといえます。また、仏前での御焼香は仏・法・僧(仏…お釈迦さま、法…仏の教えを説いた教 典、僧…仏も教えを広めるお坊さん)への帰依を意味して3回行うといわれています。宗派によってちがいはありますが、お線香も仏・法・僧にならい3本立て るのが一般的だといえるでしょう。文化と技術、その継承と創造火と道具を手にした人類は文明を生み、そのときから香りの歴史が始まりました。貴重な火の持続のために焚き続けた炎の中から、あるとき偶然に立ちのぼった芳香。人はそれに神秘と力を感じ、人智を超えるものとして祈りや願いを託したのです。いま、世界の祈りの場では香が焚かれます。ときめきとやすらぎを求める場にも香があります。香は、現代の至高の精神文化であり、こころ豊かな暮らしの文化となっています。古代インドからたどって4,000年。東洋と西洋で独自の発展を遂げた香りの文化は、日本で再び出会い、融合し、新たな創造を加えて発展し続けています。そしていま世界は、日本で完成された香の文化を中心に、香りを共通語にして、ひとつに結ばれようとしています。日本の香りの歴史千数百年の時が育んできた日本の香り文化。日本の香りの歴史は、6世紀の仏教伝来を緒に形成されてきました。香木や香りのよい和漢植物等の香料を焚き、人々の祈りや願いをかぐわしい香りに託す。こうした宗教的儀式が広がる一方で、香を焚く習わしは貴人たちの優雅な生活文化のひとつとなり、室町時代には、焚いた香木を当てる香り遊びが発展して芸道となり、「香道」が生まれました。江戸時代に入ると...

送料無料
花いずみ バラの香り 大型バラ詰

Amazon

2,160

花いずみ バラの香り 大型バラ詰

お線香をお供えする意味合いお線香をお供えすることは、香煙を通じて仏様とお話しすることであると言われています。自分の身を清めたり、仏様の食事といった意味合いもあるようですが、なによりも、よい香りで心を落ち着けて仏様と向き合うことに大きな意味があるといえます。また、仏前での御焼香は仏・法・僧(仏…お釈迦さま、法…仏の教えを説いた教 典、僧…仏も教えを広めるお坊さん)への帰依を意味して3回行うといわれています。宗派によってちがいはありますが、お線香も仏・法・僧にならい3本立て るのが一般的だといえるでしょう。文化と技術、その継承と創造火と道具を手にした人類は文明を生み、そのときから香りの歴史が始まりました。貴重な火の持続のために焚き続けた炎の中から、あるとき偶然に立ちのぼった芳香。人はそれに神秘と力を感じ、人智を超えるものとして祈りや願いを託したのです。いま、世界の祈りの場では香が焚かれます。ときめきとやすらぎを求める場にも香があります。香は、現代の至高の精神文化であり、こころ豊かな暮らしの文化となっています。古代インドからたどって4,000年。東洋と西洋で独自の発展を遂げた香りの文化は、日本で再び出会い、融合し、新たな創造を加えて発展し続けています。そしていま世界は、日本で完成された香の文化を中心に、香りを共通語にして、ひとつに結ばれようとしています。日本の香りの歴史千数百年の時が育んできた日本の香り文化。日本の香りの歴史は、6世紀の仏教伝来を緒に形成されてきました。香木や香りのよい和漢植物等の香料を焚き、人々の祈りや願いをかぐわしい香りに託す。こうした宗教的儀式が広がる一方で、香を焚く習わしは貴人たちの優雅な生活文化のひとつとなり、室町時代には、焚いた香木を当てる香り遊びが発展して芸道となり、「香道」が生まれました。江戸時代に入ると...

送料無料
かたりべ ラベンダー/白梅 進物 4箱入 化粧袋入

Amazon

2,128

かたりべ ラベンダー/白梅 進物 4箱入 化粧袋入

お線香をお供えする意味合いお線香をお供えすることは、香煙を通じて仏様とお話しすることであると言われています。自分の身を清めたり、仏様の食事といった意味合いもあるようですが、なによりも、よい香りで心を落ち着けて仏様と向き合うことに大きな意味があるといえます。また、仏前での御焼香は仏・法・僧(仏…お釈迦さま、法…仏の教えを説いた教 典、僧…仏も教えを広めるお坊さん)への帰依を意味して3回行うといわれています。宗派によってちがいはありますが、お線香も仏・法・僧にならい3本立て るのが一般的だといえるでしょう。文化と技術、その継承と創造火と道具を手にした人類は文明を生み、そのときから香りの歴史が始まりました。貴重な火の持続のために焚き続けた炎の中から、あるとき偶然に立ちのぼった芳香。人はそれに神秘と力を感じ、人智を超えるものとして祈りや願いを託したのです。いま、世界の祈りの場では香が焚かれます。ときめきとやすらぎを求める場にも香があります。香は、現代の至高の精神文化であり、こころ豊かな暮らしの文化となっています。古代インドからたどって4,000年。東洋と西洋で独自の発展を遂げた香りの文化は、日本で再び出会い、融合し、新たな創造を加えて発展し続けています。そしていま世界は、日本で完成された香の文化を中心に、香りを共通語にして、ひとつに結ばれようとしています。日本の香りの歴史千数百年の時が育んできた日本の香り文化。日本の香りの歴史は、6世紀の仏教伝来を緒に形成されてきました。香木や香りのよい和漢植物等の香料を焚き、人々の祈りや願いをかぐわしい香りに託す。こうした宗教的儀式が広がる一方で、香を焚く習わしは貴人たちの優雅な生活文化のひとつとなり、室町時代には、焚いた香木を当てる香り遊びが発展して芸道となり、「香道」が生まれました。江戸時代に入ると...

かたりべ ばら 大型バラ詰

Amazon

1,620

かたりべ ばら 大型バラ詰

お線香をお供えする意味合いお線香をお供えすることは、香煙を通じて仏様とお話しすることであると言われています。自分の身を清めたり、仏様の食事といった意味合いもあるようですが、なによりも、よい香りで心を落ち着けて仏様と向き合うことに大きな意味があるといえます。また、仏前での御焼香は仏・法・僧(仏…お釈迦さま、法…仏の教えを説いた教 典、僧…仏も教えを広めるお坊さん)への帰依を意味して3回行うといわれています。宗派によってちがいはありますが、お線香も仏・法・僧にならい3本立て るのが一般的だといえるでしょう。文化と技術、その継承と創造火と道具を手にした人類は文明を生み、そのときから香りの歴史が始まりました。貴重な火の持続のために焚き続けた炎の中から、あるとき偶然に立ちのぼった芳香。人はそれに神秘と力を感じ、人智を超えるものとして祈りや願いを託したのです。いま、世界の祈りの場では香が焚かれます。ときめきとやすらぎを求める場にも香があります。香は、現代の至高の精神文化であり、こころ豊かな暮らしの文化となっています。古代インドからたどって4,000年。東洋と西洋で独自の発展を遂げた香りの文化は、日本で再び出会い、融合し、新たな創造を加えて発展し続けています。そしていま世界は、日本で完成された香の文化を中心に、香りを共通語にして、ひとつに結ばれようとしています。日本の香りの歴史千数百年の時が育んできた日本の香り文化。日本の香りの歴史は、6世紀の仏教伝来を緒に形成されてきました。香木や香りのよい和漢植物等の香料を焚き、人々の祈りや願いをかぐわしい香りに託す。こうした宗教的儀式が広がる一方で、香を焚く習わしは貴人たちの優雅な生活文化のひとつとなり、室町時代には、焚いた香木を当てる香り遊びが発展して芸道となり、「香道」が生まれました。江戸時代に入ると...

送料無料
太陽 さくら 桐箱短寸 10入

Amazon

3,054

太陽 さくら 桐箱短寸 10入

お線香をお供えする意味合いお線香をお供えすることは、香煙を通じて仏様とお話しすることであると言われています。自分の身を清めたり、仏様の食事といった意味合いもあるようですが、なによりも、よい香りで心を落ち着けて仏様と向き合うことに大きな意味があるといえます。また、仏前での御焼香は仏・法・僧(仏…お釈迦さま、法…仏の教えを説いた教 典、僧…仏も教えを広めるお坊さん)への帰依を意味して3回行うといわれています。宗派によってちがいはありますが、お線香も仏・法・僧にならい3本立て るのが一般的だといえるでしょう。文化と技術、その継承と創造火と道具を手にした人類は文明を生み、そのときから香りの歴史が始まりました。貴重な火の持続のために焚き続けた炎の中から、あるとき偶然に立ちのぼった芳香。人はそれに神秘と力を感じ、人智を超えるものとして祈りや願いを託したのです。いま、世界の祈りの場では香が焚かれます。ときめきとやすらぎを求める場にも香があります。香は、現代の至高の精神文化であり、こころ豊かな暮らしの文化となっています。古代インドからたどって4,000年。東洋と西洋で独自の発展を遂げた香りの文化は、日本で再び出会い、融合し、新たな創造を加えて発展し続けています。そしていま世界は、日本で完成された香の文化を中心に、香りを共通語にして、ひとつに結ばれようとしています。日本の香りの歴史千数百年の時が育んできた日本の香り文化。日本の香りの歴史は、6世紀の仏教伝来を緒に形成されてきました。香木や香りのよい和漢植物等の香料を焚き、人々の祈りや願いをかぐわしい香りに託す。こうした宗教的儀式が広がる一方で、香を焚く習わしは貴人たちの優雅な生活文化のひとつとなり、室町時代には、焚いた香木を当てる香り遊びが発展して芸道となり、「香道」が生まれました。江戸時代に入ると...

プレミアム毎日香 アクア 大型バラ詰

Amazon

1,458

プレミアム毎日香 アクア 大型バラ詰

お線香をお供えする意味合いお線香をお供えすることは、香煙を通じて仏様とお話しすることであると言われています。自分の身を清めたり、仏様の食事といった意味合いもあるようですが、なによりも、よい香りで心を落ち着けて仏様と向き合うことに大きな意味があるといえます。また、仏前での御焼香は仏・法・僧(仏…お釈迦さま、法…仏の教えを説いた教 典、僧…仏も教えを広めるお坊さん)への帰依を意味して3回行うといわれています。宗派によってちがいはありますが、お線香も仏・法・僧にならい3本立て るのが一般的だといえるでしょう。文化と技術、その継承と創造火と道具を手にした人類は文明を生み、そのときから香りの歴史が始まりました。貴重な火の持続のために焚き続けた炎の中から、あるとき偶然に立ちのぼった芳香。人はそれに神秘と力を感じ、人智を超えるものとして祈りや願いを託したのです。いま、世界の祈りの場では香が焚かれます。ときめきとやすらぎを求める場にも香があります。香は、現代の至高の精神文化であり、こころ豊かな暮らしの文化となっています。古代インドからたどって4,000年。東洋と西洋で独自の発展を遂げた香りの文化は、日本で再び出会い、融合し、新たな創造を加えて発展し続けています。そしていま世界は、日本で完成された香の文化を中心に、香りを共通語にして、ひとつに結ばれようとしています。日本の香りの歴史千数百年の時が育んできた日本の香り文化。日本の香りの歴史は、6世紀の仏教伝来を緒に形成されてきました。香木や香りのよい和漢植物等の香料を焚き、人々の祈りや願いをかぐわしい香りに託す。こうした宗教的儀式が広がる一方で、香を焚く習わしは貴人たちの優雅な生活文化のひとつとなり、室町時代には、焚いた香木を当てる香り遊びが発展して芸道となり、「香道」が生まれました。江戸時代に入ると...

青雲 長中把 10入

Amazon

1,512

青雲 長中把 10入

お線香をお供えする意味合いお線香をお供えすることは、香煙を通じて仏様とお話しすることであると言われています。自分の身を清めたり、仏様の食事といった意味合いもあるようですが、なによりも、よい香りで心を落ち着けて仏様と向き合うことに大きな意味があるといえます。また、仏前での御焼香は仏・法・僧(仏…お釈迦さま、法…仏の教えを説いた教 典、僧…仏も教えを広めるお坊さん)への帰依を意味して3回行うといわれています。宗派によってちがいはありますが、お線香も仏・法・僧にならい3本立て るのが一般的だといえるでしょう。文化と技術、その継承と創造火と道具を手にした人類は文明を生み、そのときから香りの歴史が始まりました。貴重な火の持続のために焚き続けた炎の中から、あるとき偶然に立ちのぼった芳香。人はそれに神秘と力を感じ、人智を超えるものとして祈りや願いを託したのです。いま、世界の祈りの場では香が焚かれます。ときめきとやすらぎを求める場にも香があります。香は、現代の至高の精神文化であり、こころ豊かな暮らしの文化となっています。古代インドからたどって4,000年。東洋と西洋で独自の発展を遂げた香りの文化は、日本で再び出会い、融合し、新たな創造を加えて発展し続けています。そしていま世界は、日本で完成された香の文化を中心に、香りを共通語にして、ひとつに結ばれようとしています。日本の香りの歴史千数百年の時が育んできた日本の香り文化。日本の香りの歴史は、6世紀の仏教伝来を緒に形成されてきました。香木や香りのよい和漢植物等の香料を焚き、人々の祈りや願いをかぐわしい香りに託す。こうした宗教的儀式が広がる一方で、香を焚く習わしは貴人たちの優雅な生活文化のひとつとなり、室町時代には、焚いた香木を当てる香り遊びが発展して芸道となり、「香道」が生まれました。江戸時代に入ると...

嵯峨野 二種香1000゜ 包装品

Amazon

1,434

嵯峨野 二種香1000゜ 包装品

お線香をお供えする意味合いお線香をお供えすることは、香煙を通じて仏様とお話しすることであると言われています。自分の身を清めたり、仏様の食事といった意味合いもあるようですが、なによりも、よい香りで心を落ち着けて仏様と向き合うことに大きな意味があるといえます。また、仏前での御焼香は仏・法・僧(仏…お釈迦さま、法…仏の教えを説いた教 典、僧…仏も教えを広めるお坊さん)への帰依を意味して3回行うといわれています。宗派によってちがいはありますが、お線香も仏・法・僧にならい3本立て るのが一般的だといえるでしょう。文化と技術、その継承と創造火と道具を手にした人類は文明を生み、そのときから香りの歴史が始まりました。貴重な火の持続のために焚き続けた炎の中から、あるとき偶然に立ちのぼった芳香。人はそれに神秘と力を感じ、人智を超えるものとして祈りや願いを託したのです。いま、世界の祈りの場では香が焚かれます。ときめきとやすらぎを求める場にも香があります。香は、現代の至高の精神文化であり、こころ豊かな暮らしの文化となっています。古代インドからたどって4,000年。東洋と西洋で独自の発展を遂げた香りの文化は、日本で再び出会い、融合し、新たな創造を加えて発展し続けています。そしていま世界は、日本で完成された香の文化を中心に、香りを共通語にして、ひとつに結ばれようとしています。日本の香りの歴史千数百年の時が育んできた日本の香り文化。日本の香りの歴史は、6世紀の仏教伝来を緒に形成されてきました。香木や香りのよい和漢植物等の香料を焚き、人々の祈りや願いをかぐわしい香りに託す。こうした宗教的儀式が広がる一方で、香を焚く習わしは貴人たちの優雅な生活文化のひとつとなり、室町時代には、焚いた香木を当てる香り遊びが発展して芸道となり、「香道」が生まれました。江戸時代に入ると...

送料無料
NEOVIVAアロマキャンドル ソイキャンドル インテリア プレゼント  ラベンダー (LAVENDER&BERGAMOT, BLACK)

Amazon

2,100

NEOVIVAアロマキャンドル ソイキャンドル インテリア プレゼント ラベンダー (LAVENDER&BERGAMOT, BLACK)

商品の説明 NEOVIVAアロマキャンドルのご紹介です。 NEOVIVAアロマキャンドルは天然の大豆ワックスで作ったアロマキャンドルです。 自然な素材 自然な素材の為、小さいお子様のご家庭でも、安心してお使いいただけます。 環境や体に優しいだけではなく、すすが出にくく、低温でゆっくりと燃えるため、香りを長く楽しむことができます。 優しい香り フランスから輸入したアロマオイルで作られ、香りの広がりもよくて蓋を開けて置いておくだけでも優しく香ります。 玄関に置いたら、一日の仕事が終わって家に帰った瞬間、ほのかな香りに疲れた体と心が愈されます… 寝室に置いたら、眠る前に品がある香りを感じながらゆらゆら揺れているキャンドルの火を眺めて、深いリラックスに誘われます... 多種の機能 ソイキャンドルは溶けるときに空気の浄化作用もあります。 また、使い切ったあと、空きボルトを収納道具として活用することもできます。 見た目はシンプルで可愛いです、インテリアとしても最適でしょう。 オシャレなカフェやレストランなどの店もよく使われています。 ラブレターのように ラブレターの代わりに、あなたの思いをこの香りと一緒に大切なあの人に届けましょう…

送料無料
NEOVIVAアロマキャンドル ソイキャンドル インテリア プレゼント  (PEAR&FIG, WHITE)

Amazon

1,900

NEOVIVAアロマキャンドル ソイキャンドル インテリア プレゼント (PEAR&FIG, WHITE)

商品の説明 NEOVIVAアロマキャンドルのご紹介です。 NEOVIVAアロマキャンドルは天然の大豆ワックスで作ったアロマキャンドルです。 自然な素材 自然な素材の為、小さいお子様のご家庭でも、安心してお使いいただけます。 環境や体に優しいだけではなく、すすが出にくく、低温でゆっくりと燃えるため、香りを長く楽しむことができます。 優しい香り フランスから輸入したアロマオイルで作られ、香りの広がりもよくて蓋を開けて置いておくだけでも優しく香ります。 玄関に置いたら、一日の仕事が終わって家に帰った瞬間、ほのかな香りに疲れた体と心が愈されます… 寝室に置いたら、眠る前に品がある香りを感じながらゆらゆら揺れているキャンドルの火を眺めて、深いリラックスに誘われます... 多種の機能 ソイキャンドルは溶けるときに空気の浄化作用もあります。 また、使い切ったあと、空きボルトを収納道具として活用することもできます。 見た目はシンプルで可愛いです、インテリアとしても最適でしょう。 オシャレなカフェやレストランなどの店もよく使われています。 ラブレターのように ラブレターの代わりに、あなたの思いをこの香りと一緒に大切なあの人に届けましょう…

送料無料
NEOVIVAアロマキャンドル ソイキャンドル インテリア プレゼント  (LAVENDER&BERGAMOT, WHITE)

Amazon

2,000

NEOVIVAアロマキャンドル ソイキャンドル インテリア プレゼント (LAVENDER&BERGAMOT, WHITE)

商品の説明 NEOVIVAアロマキャンドルのご紹介です。 NEOVIVAアロマキャンドルは天然の大豆ワックスで作ったアロマキャンドルです。 自然な素材 自然な素材の為、小さいお子様のご家庭でも、安心してお使いいただけます。 環境や体に優しいだけではなく、すすが出にくく、低温でゆっくりと燃えるため、香りを長く楽しむことができます。 優しい香り フランスから輸入したアロマオイルで作られ、香りの広がりもよくて蓋を開けて置いておくだけでも優しく香ります。 玄関に置いたら、一日の仕事が終わって家に帰った瞬間、ほのかな香りに疲れた体と心が愈されます… 寝室に置いたら、眠る前に品がある香りを感じながらゆらゆら揺れているキャンドルの火を眺めて、深いリラックスに誘われます... 多種の機能 ソイキャンドルは溶けるときに空気の浄化作用もあります。 また、使い切ったあと、空きボルトを収納道具として活用することもできます。 見た目はシンプルで可愛いです、インテリアとしても最適でしょう。 オシャレなカフェやレストランなどの店もよく使われています。 ラブレターのように ラブレターの代わりに、あなたの思いをこの香りと一緒に大切なあの人に届けましょう…

送料無料
NEOVIVA ティーキャンドル アロマ オーガニクス ラベンダー ろうそく 低温 キャンドル 梨 イチジク XDSJP-AROMA 大

Amazon

2,900

NEOVIVA ティーキャンドル アロマ オーガニクス ラベンダー ろうそく 低温 キャンドル 梨 イチジク XDSJP-AROMA 大

商品の説明 NEOVIVAアロマキャンドルのご紹介です。 NEOVIVAアロマキャンドルは天然の大豆ワックスで作ったアロマキャンドルです。 自然な素材 自然な素材の為、小さいお子様のご家庭でも、安心してお使いいただけます。 環境や体に優しいだけではなく、すすが出にくく、低温でゆっくりと燃えるため、香りを長く楽しむことができます。 優しい香り フランスから輸入したアロマオイルで作られ、香りの広がりもよくて蓋を開けて置いておくだけでも優しく香ります。 玄関に置いたら、一日の仕事が終わって家に帰った瞬間、ほのかな香りに疲れた体と心が愈されます… 寝室に置いたら、眠る前に品がある香りを感じながらゆらゆら揺れているキャンドルの火を眺めて、深いリラックスに誘われます... 多種の機能 ソイキャンドルは溶けるときに空気の浄化作用もあります。 また、使い切ったあと、空きボルトを収納道具として活用することもできます。 見た目はシンプルで可愛いです、インテリアとしても最適でしょう。 オシャレなカフェやレストランなどの店もよく使われています。 ラブレターのように ラブレターの代わりに、あなたの思いをこの香りと一緒に大切なあの人に届けましょう…

青雲 長大把 5入

Amazon

972

青雲 長大把 5入

お線香をお供えする意味合いお線香をお供えすることは、香煙を通じて仏様とお話しすることであると言われています。自分の身を清めたり、仏様の食事といった意味合いもあるようですが、なによりも、よい香りで心を落ち着けて仏様と向き合うことに大きな意味があるといえます。また、仏前での御焼香は仏・法・僧(仏…お釈迦さま、法…仏の教えを説いた教 典、僧…仏も教えを広めるお坊さん)への帰依を意味して3回行うといわれています。宗派によってちがいはありますが、お線香も仏・法・僧にならい3本立て るのが一般的だといえるでしょう。文化と技術、その継承と創造火と道具を手にした人類は文明を生み、そのときから香りの歴史が始まりました。貴重な火の持続のために焚き続けた炎の中から、あるとき偶然に立ちのぼった芳香。人はそれに神秘と力を感じ、人智を超えるものとして祈りや願いを託したのです。いま、世界の祈りの場では香が焚かれます。ときめきとやすらぎを求める場にも香があります。香は、現代の至高の精神文化であり、こころ豊かな暮らしの文化となっています。古代インドからたどって4,000年。東洋と西洋で独自の発展を遂げた香りの文化は、日本で再び出会い、融合し、新たな創造を加えて発展し続けています。そしていま世界は、日本で完成された香の文化を中心に、香りを共通語にして、ひとつに結ばれようとしています。日本の香りの歴史千数百年の時が育んできた日本の香り文化。日本の香りの歴史は、6世紀の仏教伝来を緒に形成されてきました。香木や香りのよい和漢植物等の香料を焚き、人々の祈りや願いをかぐわしい香りに託す。こうした宗教的儀式が広がる一方で、香を焚く習わしは貴人たちの優雅な生活文化のひとつとなり、室町時代には、焚いた香木を当てる香り遊びが発展して芸道となり、「香道」が生まれました。江戸時代に入ると...

山水香 大把 10入

Amazon

648

山水香 大把 10入

お線香をお供えする意味合いお線香をお供えすることは、香煙を通じて仏様とお話しすることであると言われています。自分の身を清めたり、仏様の食事といった意味合いもあるようですが、なによりも、よい香りで心を落ち着けて仏様と向き合うことに大きな意味があるといえます。また、仏前での御焼香は仏・法・僧(仏…お釈迦さま、法…仏の教えを説いた教 典、僧…仏も教えを広めるお坊さん)への帰依を意味して3回行うといわれています。宗派によってちがいはありますが、お線香も仏・法・僧にならい3本立て るのが一般的だといえるでしょう。文化と技術、その継承と創造火と道具を手にした人類は文明を生み、そのときから香りの歴史が始まりました。貴重な火の持続のために焚き続けた炎の中から、あるとき偶然に立ちのぼった芳香。人はそれに神秘と力を感じ、人智を超えるものとして祈りや願いを託したのです。いま、世界の祈りの場では香が焚かれます。ときめきとやすらぎを求める場にも香があります。香は、現代の至高の精神文化であり、こころ豊かな暮らしの文化となっています。古代インドからたどって4,000年。東洋と西洋で独自の発展を遂げた香りの文化は、日本で再び出会い、融合し、新たな創造を加えて発展し続けています。そしていま世界は、日本で完成された香の文化を中心に、香りを共通語にして、ひとつに結ばれようとしています。日本の香りの歴史千数百年の時が育んできた日本の香り文化。日本の香りの歴史は、6世紀の仏教伝来を緒に形成されてきました。香木や香りのよい和漢植物等の香料を焚き、人々の祈りや願いをかぐわしい香りに託す。こうした宗教的儀式が広がる一方で、香を焚く習わしは貴人たちの優雅な生活文化のひとつとなり、室町時代には、焚いた香木を当てる香り遊びが発展して芸道となり、「香道」が生まれました。江戸時代に入ると...

スポンサーリンク
スポンサーリンク