メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「牛黄カプセル」検索結果。

牛黄カプセルの商品検索結果全14件中1~14件目

送料無料
【第3類医薬品】レオピンファイブW 60ml×4本入り

くすりのチャンピオン

16,250

【第3類医薬品】レオピンファイブW 60ml×4本入り

商品の特長 ●滋養強壮・虚弱体質。 ●ニンニク抽出液・薬用人参・牛黄チンキ・ビタミンB1を配合した滋養強壮剤です。 ●本剤は、ニンニク特有の臭いが軽減されており、服用後に口臭や体臭はほとんどありません。 内容量 60mlx4本 効能・効果 滋養強壮・虚弱体質・肉体疲労・病後の体力低下・胃腸障害・栄養障害・発熱性消耗性疾患・妊娠授乳期などの場合の栄養補給 用法・用量 通常大人(15才以上)1回1ml、1日2回、15才未満8才以上1回1ml、1日1回服用して下さい。 服用しにくい場合は添付のカプセルにいれて服用して下さい。(なお、添付のスポイドは1回量を量り取るために使用し、飲まないで下さい。 *8歳未満の方は服用しないで下さい 成分 濃縮熟成ニンニク抽出液……1.6mL ニンジンエキス………………200mg ゴオウチンキ…………………0.025mL ビタミンB6……………………20mg 添加物:D-ソルビトール、炭酸水素Na、香料、カラメル、pH調整剤 添付のカプセル本体に、ゼラチンを含有します。 注意事項 1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談して下さい。 (1)医師の治療を受けている人 2.次の場合は, 直ちに服用を中止し, この説明文書を持って医師又は薬剤師に相談して下さい。 (1)服用後, 次の症状があらわれた場合 [関係部位:症状] 皮ふ:発疹・発赤, かゆみ (2)しばらく服用しても症状がよくならない場合 3.下痢があらわれることがありますので, このような症状の継続又は増強が見られた場合には, 服用を中止し, 医師又は薬剤師に相談して下さい。 文責 登録販売者 大西隆之 広告文責 (株)フェリックスコーポレーションお客様専用ダイヤル 06-6556-6663 メーカー(製造) 湧永製薬株式会社 区分...

送料無料
【第2類医薬品】 秦皇元 240カプセル 摩耶堂製薬 送料・代引き手数料無料

旭美商事(株)

17,800

【第2類医薬品】 秦皇元 240カプセル 摩耶堂製薬 送料・代引き手数料無料

秦皇元 240カプセル 商品特徴 秦皇元(カプセル)は、動物性、植物性の強壮生薬を配合した滋養強壮剤です。各成分の作用により、滋養強壮剤として肉体疲労時に効果をあらわします。●秦皇元(カプセル)に配合される強壮生薬☆動物性強壮生薬・ゴウカイ オオヤモリの雌雄を一緒に用い、内臓を除去して乾燥したもので、体の疲れをとり、滋養をつけ、元気づける強壮の働きにすぐれています。・海馬(カイバ)タツノオトシゴの内臓を除去して乾燥させたもので、内分泌器官に働きかけ、ホルモン様作用を示します。この作用が、強壮に効果をあらわします。・鹿茸(ロクジョウ)マンシュウアカジア等の袋角で、多くの滋養強壮成分を含みます。滋養強壮成分が体を補い、滋養強壮の働きにすぐれています。・牛黄(ゴオウ)牛の胆のう及び胆管結石で、特に心臓、神経、血管系に働きかけて全身の滋養強壮をあらわす成分を含む動物性生薬です。・反鼻(はんピ)一般にはマムシとして知られ、強壮剤として利用されます。アミノ酸群等の滋養強壮成分を含んでいます。☆植物性強壮薬・ニンジン人参の成分と全身に働きかける強壮、抗疲労作用は広く研究され、汎用されている植物性強壮生薬です。・イカリソウ インヨウカクとも呼ばれ、元気をつけ、体を補って疲れをとる薬草として利用されています。 効能・効果 次の場合の滋養強壮虚弱体質、肉体疲労、病中病後、胃腸虚弱、食欲不振 用法・用量 次の量を、食後に、水又はお湯と一緒に服用してください。[年 齢] [1回量] [1日服用回数]成人(15歳以上) 2カプセル 2回14歳以下 服用しないこと服用時間を守りましょう。食後:食事のあと30分位を指します。(1)用法・用量を厳守してください。(2)カプセル剤の取り出し方 カプセルの入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り...

こちらの関連商品はいかがですか?

【指定第2類医薬品】 プレコール 持続性カプセル 30カプセル

ドラッグ ヒーロー

2,125

【指定第2類医薬品】 プレコール 持続性カプセル 30カプセル

◆商品説明◆ 7種の成分がバランスよくはたらいて、かぜの諸症状に効果を発揮する総合感冒薬です。朝・夕食後の1日2回の服用で、すぐれた効果を発揮するように設計した持続性カプセルです。医薬品。 使用上の注意 ●してはいけないこと (守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなります) 1.次の人は服用しないで下さい。 (1)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人 (2)本剤又は他のかぜ薬、解熱鎮痛薬を服用してぜんそくを起こしたことがある人 2.本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も使用しないで下さい。 他のかぜ薬、解熱鎮痛薬、鎮静薬、鎮咳去痰薬、抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(鼻炎用内服薬、乗物酔い薬、アレルギー用薬等) 3.服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないで下さい。(眠気等があらわれることがあります) 4.授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けて下さい。 5.服用前後は飲酒しないで下さい。 6.長期連用しないで下さい。 ●相談すること 1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。 (1)医師又は歯科医師の治療を受けている人 (2)妊婦又は妊娠していると思われる人 (3)高齢者 (4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人 (5)次の症状のある人:高熱、排尿困難 (6)次の診断を受けた人:甲状腺機能障害、糖尿病、心臓病、高血圧、肝臓病、腎臓病、胃・十二指腸潰瘍、緑内障 2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。関係部位 症状 皮膚 発疹・発赤、かゆみ、はれ 消化器 吐き気・嘔吐、食欲不振、上腹部痛、胸やけ 精神神経系 めまい...

スポンサーリンク
スポンサーリンク