メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「当帰湯」検索結果。

当帰湯の商品検索結果全9件中1~9件目

送料無料
【第2類医薬品】一元当帰四逆加呉生姜湯(とうきしぎゃくかごしょうきょうとう):1000錠入【コンビニ受取対応商品】

シンヤクドー

8,164

【第2類医薬品】一元当帰四逆加呉生姜湯(とうきしぎゃくかごしょうきょうとう):1000錠入【コンビニ受取対応商品】

●効能・効果 体力中等度以下で,手足の冷えを感じ,下肢の冷えが強く,下肢又は下腹部が痛くなりやすいものの次の諸症:冷え症,しもやけ,頭痛,下腹部痛,腰痛,下痢,月経痛 ●用法・用量 食前1時間に服用する。 [年齢:1回量:1日服用回数] 大人:6~8錠:3回 ●成分分量 100錠中トウキ末 3g ケイヒ末 3g シャクヤク末 3g カンゾウ末 1.9g ショウキョウ末 4.1g モクツウ末 3g サイシン末 1.9g タイソウ末 5.2g ゴシュユ末 1.9g 当帰四逆加呉生姜湯水性エキス 3g (トウキ・ケイヒ・シャクヤク・モクツウ各3.3g,サイシン・カンゾウ・ゴシュユ各2.3g,タイソウ5.5g,ショウキョウ4.4g) 添加物 なし ●使用上の注意 相談すること 1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること (1)医師の治療を受けている人。 (2)妊婦又は妊娠していると思われる人。 (3)胃腸の弱い人。 (4)高齢者。 (5)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。 (6)次の症状のある人。 むくみ (7)次の診断を受けた人。 高血圧,心臓病,腎臓病 2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること [関係部位:症状] 皮膚:発疹・発赤,かゆみ まれに次の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。 [症状の名称:症状] 偽アルドステロン症:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。 ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。 3...

よもぎ骨盤浴!優月美人バスソルト50g1包入り×5包

バイタミンワールド

890

よもぎ骨盤浴!優月美人バスソルト50g1包入り×5包

入浴時にも女性特有の悩みをケアできる「よもぎ骨盤浴バスソルト」。 リラックス効果はもちろん、よもぎをはじめ高麗人参、当帰、ゲルマニウム、天然海塩など 女性に嬉しい成分が、骨盤の芯までじんわり温めます。お風呂で骨盤浴をする新習慣で 女性力を高めましょう! 商品名 優月美人 よもぎ骨盤浴バスソルト 成分 海塩、炭酸水素Na、グリシン、シリカ、水、レパゲルマニウム、トウガラシエキス、オタネニンジンエキス、BG、トウキ根エキス、ヨモギエキス、ショウガ根エキス、硫酸Na、香料、青2、黄5 使用方法 浴槽のお湯(約200L)に本品1袋(約50g)を入れ、よくかき混ぜてからご入浴ください。 ※投入後しばらくは海塩の結晶が底に残りますので、溶かしてからご入浴ください。 ■半身浴の場合は、本品の半分の量(約25g)でご使用いただけます。 注意事項 ●開封後はすぐに使用してください。2回に分けてご使用の際は、湿気に注意の上保管し、できるだけ早く使用してください。 ●入浴以外の用途に使用しないでください。 ●皮膚あるいは体質に異常がある場合は医師に相談の上使用してください。 ●使用中や使用後、皮膚に湿疹、発疹、かゆみ、刺激等の異常が現れた場合は使用を中止し、医師に相談してください。 ●本品は食べられません。万一大量に飲み込んだときは、水を飲ませるなどの処置をし医師に相談してください。 ●浴槽がすべりやすくなることがありますのでご注意ください。 ●本品には、浴槽・風呂釜をいためるイオウは入っておりません。 ●本品を使用後、風呂釜内部や循環孔のフィルターなどを水洗いしてください。 ●残り湯は洗濯に使用できますが、すすぎは清水で行ってください。ただし、次の場合は使用しないでください。 1.柔軟仕上剤との併用 2.おろしたての衣類 3.つけおき ...

こちらの関連商品はいかがですか?

【第2類医薬品】和漢箋 柴胡加竜骨牡蠣湯 84錠 ×2個セット

ビタミンハウス楽天支店ミサワ薬局

3,112

【第2類医薬品】和漢箋 柴胡加竜骨牡蠣湯 84錠 ×2個セット

■購入個数制限あり:2セットまで商品説明 「和漢箋(わかんせん) ロート柴胡加竜骨牡蠣湯錠 84錠」は、更年期特有のイライラなどの神経症の改善に効果を発揮する錠剤です。 落ち着かない、気分が落ち込むなどの症状を改善します。医薬品。 使用上の注意 ●してはいけないこと (守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる) 1.授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けること。 ●相談すること 1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談すること。 (1)医師の治療を受けている人 (2)妊婦又は妊娠していると思われる人 (3)体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人) (4)胃腸が弱く下痢しやすい人 (5)今までに薬により発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人 (6)次の医薬品を服用している人 瀉下(下剤) 2.次の場合は直ちに服用を中止し、この袋を持って医師又は薬剤師に相談すること。 (1)服用後、次の症状があらわれた場合 皮ふ・・・発疹・発赤、かゆみ 消化器・・・はげしい腹痛を伴う下痢、腹痛 まれに下記の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。 肝機能障害・・・全身のだるさ、黄疸(皮ふや白目が黄色くなる)等があらわれる 間質性肺炎・・・せきを伴い、息切れ、呼吸困難、発熱等があらわれる (2)1ヶ月位(小児夜なきに服用する場合には1週間位)服用しても症状がよくならない場合。 3.次の症状があらわれることがあるので、このような症状の継続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、医師又は薬剤師に相談すること。 軟便、下痢 効能・効果 ●精神不安があって、どうき、不眠などを伴う次の諸症 高血圧の随伴症状(どうき、不安、不眠)、神経症、更年期神経症、小児夜なき 用法・用量...

スポンサーリンク
スポンサーリンク