メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ボラギノール a 軟膏」検索結果。

ボラギノール a 軟膏の商品検索結果全16件中1~16件目

【第2類医薬品】"クロネコDM便発送希望"のコメント入りで送料を80円に修正致します ボラギノールM軟膏 20g ぼらぎのーる  【第2類医薬品】

メガヘルスマート

1,016

【第2類医薬品】"クロネコDM便発送希望"のコメント入りで送料を80円に修正致します ボラギノールM軟膏 20g ぼらぎのーる 【第2類医薬品】

商品名 ボラギノールM軟膏 20g 内容量 20g 成分・分量 リドカイン…30mg グリチルレチン酸…15mg アラントイン…10mg ビタミンE酢酸エステル(酢酸トコフェロール)…25mg 添加物:白色ワセリン、中鎖脂肪酸トリグリセリド、モノステアリン酸グリセリン 使用上の注意 してはいけないこと (守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる) 効能・効果 いぼ痔・きれ痔(さけ痔)の痛み・かゆみの緩和 用法・用量 次の量を患部に直接塗布するか、またはガーゼなどにのばして患部に貼付すること。 用法・用量 成人(15歳以上):1回量1個、 1日使用回数1~3回 15歳未満:使用しないこと 成分・分量 白色~わずかに黄みをおびた白色の軟膏で、1g中に次の成分を含みます ご服用にあたっての注意 使用上の注意 ■してはいけないこと (守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる) 1.次の人は使用しないこと (1)本剤によるアレルギー症状を起こしたことがある人。 (2)ぜんそくを起こしたことがある人。 2.次の部位には使用しないこと (1)目の周囲,粘膜等。 (2)湿疹,かぶれ,傷口。 (3)みずむし・たむし等又は化膿している患部。 3.長期連用しないこと ■相談すること 1.次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談すること (1)医師の治療を受けている人。 (2)妊婦又は妊娠していると思われる人。 (3)本人又は家族がアレルギー体質の人。 (4)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。 2.次の場合は,直ちに使用を中止し,この添付文書を持って医師又は薬剤師に相談すること (1)使用後,次の症状があらわれた場合 [関係部位:症状] 皮ふ:発疹・発赤,かゆみ,はれ,ヒリヒリ感,熱感,乾燥感 (2)5...

【48H限定!最大500円割クーポン&P2倍】【第2類医薬品】ボラギノールA注入軟膏2g×30個入

くすりのチャンピオン

4,093

【48H限定!最大500円割クーポン&P2倍】【第2類医薬品】ボラギノールA注入軟膏2g×30個入

商品の特長 ボラギノールA坐剤、ボラギノールA軟膏と同様に、炎症をおさえる酢酸プレドニゾロンなど、痔に有効な4種の成分が総合的にはたらいて、痔による痛み・出血・はれ・かゆみの症状にすぐれた効果をあらわします。携帯に便利!肛門の内にも外にも使用できます。 内容量 2gx30個 効能・効果 いぼ痔・きれ痔(さけ痔)の痛み・出血・はれ・かゆみの緩和 用法・用量・使用方法 ノズル部分を肛門内に挿入し、全量をゆっくり注入すること。 (肛門内に注入する場合) 成人(15歳以上) 1回量:1個 1日使用回数:1~2回 小児(15歳未満)は、使用しないこと または次の量を患部に塗布すること。 なお、一度塗布に使用したものは、注入には使用しないこと。 (患部に塗布する場合) 成人(15歳以上) 1回量:適量 1日使用回数:1~3回 小児(15歳未満)は、使用しないこと 使用上の注意 ●してはいけないこと: (守らないと現在の症状が悪化したり, 副作用が起こりやすくなる) 1.次の人は使用しないこと (1)本剤によるアレルギー症状を起こしたことがある人。 (2)患部が化膿している人。 2.長期連用しないこと ●相談すること: 1.次の人は使用前に医師または薬剤師に相談すること (1)医師の治療を受けている人。 (2)妊婦または妊娠していると思われる人。 (3)本人または家族がアレルギー体質の人。 (4)薬によりアレルギー症状を起こした人がある人。 2.次の場合は, 直ちに使用を中止し, この文書を持って医師または薬剤師に相談すること (1)使用後, 次の症状があらわれた場合 [関係部位:症状] 皮ふ:発疹・発赤, かゆみ, はれ その他:刺激感, 化膿 まれに次の重篤な症状が起こることがあります...

こちらの関連商品はいかがですか?

【指定第2類医薬品】ボラギノールA坐剤 30個 ×3個セット

ビタミンハウス楽天支店ミサワ薬局

10,242

【指定第2類医薬品】ボラギノールA坐剤 30個 ×3個セット

■購入個数制限あり:1セットまで「ボラギノールA坐剤 30個」は、4種類の成分がはたらいて痔による痛み、出血、はれ、かゆみに優れた効果を発揮する坐薬タイプの痔の薬です。効果の発現をよくするため、体温ですみやかに溶ける油脂性基剤を用いて患部に直接作用するよう製剤設計しています。▼使用上の注意▼●してはいけないこと(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる)1.次の人は使用しないこと(1)本剤によるアレルギー症状を起こしたことがある人(2)患部が化膿している人2.長期連用しないこと●相談すること1.次人は服用前に医師または薬剤師に相談すること(1)医師の治療を受けている人(2)妊娠または妊娠していると思われる人(3)本人または家族がアレルギー体質の人(4)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人2.次の場合は、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、歯科医師または薬剤師に相談すること(1)服用後、次の症状があらわれた場合関係部位症 状皮ふ発疹・発赤、かゆみ、はれその他刺激感、化膿まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けること症状の名称症 状ショック(アナフィラキシー)服用後すぐにじんましん、浮腫、胸苦しさ等とともに、顔色が青白くなり、手足が冷たくなり、冷や汗、息苦しさ等があらわれる(2)10日間位服用しても症状がよくならない場合効能いぼ痔・きれ痔(さけ痔)の痛み・出血・はれ・かゆみの緩和用法・用量被包を除き、次の量を肛門内に挿入すること。年 齢1回量1日服用回数成人(15歳以上)1個2-3回15歳未満使用しないこと●用法・用量に関連する注意(1)本剤が軟らかい場合には、しばらく冷やした後に使用すること。また、硬すぎる場合には、軟らかくなった後に使用すること。(2...

【指定第2類医薬品】ボラギノールA 坐剤 30個(4987123134774)

かんわ店

3,180

【指定第2類医薬品】ボラギノールA 坐剤 30個(4987123134774)

【指定第2類医薬品】ボラギノールA 坐剤 30個■ 商品特徴○4種の成分がはたらいて、痔による痛み、出血、はれ、かゆみにすぐれた効果を発揮します。 プレドニゾロン酢酸エステルが出血、はれ、かゆみをおさえ、リドカインが痛み、かゆみをしずめます。 アラントインが傷の治りをたすけ組織を修復するとともに、ビタミンE酢酸エステルが血液循環を改善し、痔の症状の緩和をたすけます。 ○効果の発現をよくするため、体温ですみやかに溶ける油脂性基剤を用いて患部に直接作用するよう製剤設計しています。 刺激が少なく挿入しやすい油脂性基剤が傷ついた患部を保護し、スムーズな排便をたすけます。 アルミ箔に入った白色~わずかに黄みをおびた白色の坐剤です。 ●ボラギノールA坐剤は、 1. 直腸膨大部におさまった坐剤が 2. 直腸温(約37.0度)ですばやく溶け始め 3.患部を目指して全体に拡がり、薬剤を直接届けます。 ■ 効能いぼ痔・きれ痔(さけ痔)の痛み・出血・はれ・かゆみの緩和■ 用法・用量被包を除き、次の量を肛門内に挿入すること。 成人(15歳以上)1回量 1個 1日使用回数 1~2回 15歳未満 使用しないこと ■ 用法・用量に関する注意1.本剤が軟らかい場合には、しばらく冷やした後に使用すること。また、硬すぎる場合には、軟らかくなった後に使用すること。 2. 肛門にのみ使用すること。 3. 用法・用量を厳守すること。 ■ 成分 1個(1.75グラム)中・プレドニゾロン酢酸エステル… 1ミリグラム、リドカイン … 60ミリグラム、アラントイン … 20ミリグラム、ビタミンE酢酸エステル (トコフェロール酢酸エステル) … 50ミリグラム 添加物:ハードファット ■ 注意○してはいけないこと 1. 次の人は使用しないこと ・本剤または本剤の成分によりアレルギー症状...

【指定第2類医薬品】 ボラギノールA坐剤 30個

ドラッグ ヒーロー

3,311

【指定第2類医薬品】 ボラギノールA坐剤 30個

◆商品説明◆ 1.4種の成分がはたらいて,痔による痛み・出血・はれ・かゆみにすぐれた効果を発揮します。 ●プレドニゾロン酢酸エステルが出血,はれ,かゆみをおさえ,リドカインが痛み,かゆみをしずめます。 ●アラントインが傷の治りをたすけ組織を修復するとともに,ビタミンE酢酸エステルが血液循環を改善し,痔の症状の緩和をたすけます。 2.効果の発現をよくするため,体温ですみやかに溶ける油脂性基剤を用いて患部に直接作用するよう製剤設計しています。 ●刺激が少なく挿入しやすい油脂性基剤が傷ついた患部を保護し,スムーズな排便をたすけます。 ●アルミ箔に入った白色~わずかに黄みをおびた白色の坐剤です。 使用上の注意 ■してはいけないこと (守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる) 1.次の人は使用しないこと (1)本剤によるアレルギー症状を起こしたことがある人。 (2)患部が化膿している人。 2.長期連用しないこと ■相談すること 1.次の人は使用前に医師または薬剤師に相談すること (1)医師の治療を受けている人。 (2)妊婦または妊娠していると思われる人。 (3)本人または家族がアレルギー体質の人。 (4)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。 2.次の場合は,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師または薬剤師に相談すること (1)使用後,次の症状があらわれた場合 [関係部位:症状] 皮ふ:発疹・発赤,かゆみ,はれ その他:刺激感,化膿 まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けること。 [症状の名称:症状] ショック(アナフィラキシー):使用後すぐにじんましん,浮腫,胸苦しさ等とともに,顔色が青白くなり,手足が冷たくなり,冷や汗,息苦しさ等があらわれる。...

スポンサーリンク
スポンサーリンク