メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ヒメロス」検索結果。

ヒメロスの商品検索結果全7件中1~7件目

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
エーザイ クリスタルヴェール 3g

Amazon

1,410

エーザイ クリスタルヴェール 3g

[商品スペック] 内訳:内容量:3g(約150回分) サイズ(外装):幅95*高さ140(mm) [商品詳細] 「クリスタルヴェール 3g」は、ジェルを鼻の外側(周り)に塗るだけで、イオンの力が生じ、帯電微粒子(花粉やハウスダスト)を反発や吸着することで鼻腔内への浸入を防ぐ鼻腔クリームです。人体には作用しないので、眠くなりません。 使用方法 鼻の周囲を清潔にしてからご使用いただくと効果的です。また、清潔な手でご使用ください。 1.チューブの中のジェルを1滴(ゴマ粒大)人差し指に取ってください。 2.人刺し指に取ったジェルを、親指を使って指の上で広げてください。 3.指で広げた後、鼻孔の周りや鼻と上唇部の間にジェルの薄い膜を作るように塗ってください。1日に3-4回を目安にご使用ください。 使用上の注意 ●鼻の周囲に傷やはれもの、しっしん等の異常が現れた場合にはご使用にならないで下さい。 ●目や目の周囲にはご使用にならないで下さい。また、本品のついた手で目等に触れなで下さい。万一、目に入った場合にはすぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けてください。 ●ご使用中に、赤み、はれ、かゆみ、刺激(皮膚、鼻、のど)等の異常が出た場合にはご使用をおやめ下さい。そのままご使用になりますと症状が悪化することがあります。症状が重い場合には医師にご相談されることをおすすめします。…

エーザイ クリスタルヴェール 3g

Amazon

1,070

エーザイ クリスタルヴェール 3g

[商品スペック] 内訳:内容量:3g(約150回分) [商品詳細] 「クリスタルヴェール 3g」は、イオンのチカラで帯電した花粉・ウイルスなどの侵入量を減少させるジェルです。人体には作用しませんので眠くなりません。1チューブで約150回使用可能です。 ※本品は医薬品ではありません。 使用方法 鼻の周囲を清潔にしてから、清潔な手でご使用ください。 チューブの中のジェルを1滴(ゴマ粒大)人差し指に取り、親指を使って指の上で広げてください。 指で広げた後、鼻孔の周りや鼻と上唇部の間にジェルの薄い膜を作るように塗ってください。 ※使用環境や汗、鼻をかむ、指で触る等でジェルが取れることがありますので、こまめに塗りなおしてください。 使用上の注意 ●鼻の周囲に傷やはれもの、しっしん等の異常がある場合にはご使用にならないでください。 ●目や目の周囲にはご使用にならないでください。また、本品のついた手で目等に触れないでください。万一、目に入った場合にはすぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けてください。 ●ご使用中に、赤み、はれ、かゆみ、刺激(皮膚、鼻、のど)等の異常が出た場合にはご使用をおやめください。そのままご使用になりますと症状が悪化することがあります。症状が重い場合には医師にご相談されることをおすすめします。…

【第3類医薬品】アセス 60g

Amazon

842

【第3類医薬品】アセス 60g

●歯ぐきからの出血、はれ、口臭などに効果をあらわす歯肉炎、歯槽膿漏薬です。 ●泡が立たず味も甘くないので、使い始めは違和感があるかもしれませんが、使いなれると口の中がさっぱりして、さわやかな使用感が得られます。 ●基剤には、歯に付着した汚れを落とす効果や、口内が酸性になっている場合、これを中和する作用があります。 ●研磨剤を含んでいないので不溶性のカスが残らず、歯ぐきを刺激することがありません。 ●赤かっ色のペースト状で、さわやかな塩味です。 口臭の多くは、口の中の細菌(ジンジバリス菌)が歯垢を分解してガスを発生することで起こります。 ジンジバリス菌はさらに、毒素を出して歯ぐきのはれや炎症を引き起こします。 アセスは、天然の植物性生薬の働きでジンジバリス菌にすぐれた抗菌力をあらわします。 さらに、すぐれた抗炎症作用、はれを鎮める作用により、歯槽膿漏の諸症状に効果をあらわします。 <穴の開け方> はじめてのご使用の際は、キャップの穴あけ部分を最後まで強く差し込み、キャップを回転させて、チューブ口に大きな穴を開けてください。 ◎歯と歯ぐきの健康のためのアドバイス 1.歯ブラシはなるべく柔らかめのものを使用することをおすすめします。 2.毎食後に必ず歯を磨く習慣をつけ、口内を清潔にしましょう。 3.正しい磨き方でていねいに歯を磨き、歯ぐきをマッサージしましょう。 4.定期的に歯科医院で歯石を除去し、歯と歯ぐきの健康診断を受けましょう。 5.甘い物や間食はさけましょう。 6.新鮮な野菜や果物、小魚などを摂り、ビタミンやカルシウムの補給に心がけましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク