メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「テラマイシン」検索結果。

テラマイシンの商品検索結果全4件中1~4件目

こちらの関連商品はいかがですか?

【第2類医薬品】アスター軟膏 16g ×3個セット

ビタミンハウス楽天支店ミサワ薬局

2,631

【第2類医薬品】アスター軟膏 16g ×3個セット

■購入個数制限あり:1セットまで「アスター軟膏 16g」は、浸透性がよく皮膚病特有のかゆみを緩和する軟膏タイプの水虫治療薬です。チアントールを高濃度に含有。白癬菌などによる寄生性の皮膚疾患にすぐれた効きめをあらわします。 使用上の注意 ●してはいけないこと (守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなります) 次の部位には使用しないでください。 (1)目や目の周囲、粘膜(たとえば、口腔、鼻腔、膣等)、陰のう、外陰部等 (2)湿疹 (3)湿潤、ただれ、亀裂や外傷のひどい患部 ●相談すること 1.次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談してください。 (1)医師の治療を受けている人 (2)乳幼児 (3)本人又は家族がアレルギー体質の人 (4)薬によりアレルギー症状を起こしたことのある人 (5)患部が顔面又は広範囲の人 (6)患部が化膿している人 (7)「湿疹」か「いんきんたむし、みずむし、ぜにたむし」かがはっきりしない人 (陰のうにかゆみ・ただれ等の症状がある場合は、湿疹等他の原因による場合が多い) 2.次の場合は、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師に相談してください。 (1)使用後、次の症状があらわれた場合関係部位症状 皮ふ発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、はれ、刺激等 (2)2週間位使用しても症状がよくならない場合 効能 いんきんたむし、みずむし、ぜにたむし、しらくも 用法・用量 1日数回患部によくすりこんでください。 *患部に水疱ができているようなときは、無理につぶさず、水疱の上から塗布しても充分効果が得られます。 ●用法・用量に関連する注意 (1)患部やその周囲が汚れたまま使用しないでください。 (2)目に入らないよう注意してください。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗い...

【第2類医薬品】アスター軟膏 16g ×2個セット

ビタミンハウス楽天支店ミサワ薬局

1,754

【第2類医薬品】アスター軟膏 16g ×2個セット

■購入個数制限あり:2セットまで「アスター軟膏 16g」は、浸透性がよく皮膚病特有のかゆみを緩和する軟膏タイプの水虫治療薬です。チアントールを高濃度に含有。白癬菌などによる寄生性の皮膚疾患にすぐれた効きめをあらわします。 使用上の注意 ●してはいけないこと (守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなります) 次の部位には使用しないでください。 (1)目や目の周囲、粘膜(たとえば、口腔、鼻腔、膣等)、陰のう、外陰部等 (2)湿疹 (3)湿潤、ただれ、亀裂や外傷のひどい患部 ●相談すること 1.次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談してください。 (1)医師の治療を受けている人 (2)乳幼児 (3)本人又は家族がアレルギー体質の人 (4)薬によりアレルギー症状を起こしたことのある人 (5)患部が顔面又は広範囲の人 (6)患部が化膿している人 (7)「湿疹」か「いんきんたむし、みずむし、ぜにたむし」かがはっきりしない人 (陰のうにかゆみ・ただれ等の症状がある場合は、湿疹等他の原因による場合が多い) 2.次の場合は、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師に相談してください。 (1)使用後、次の症状があらわれた場合関係部位症状 皮ふ発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、はれ、刺激等 (2)2週間位使用しても症状がよくならない場合 効能 いんきんたむし、みずむし、ぜにたむし、しらくも 用法・用量 1日数回患部によくすりこんでください。 *患部に水疱ができているようなときは、無理につぶさず、水疱の上から塗布しても充分効果が得られます。 ●用法・用量に関連する注意 (1)患部やその周囲が汚れたまま使用しないでください。 (2)目に入らないよう注意してください。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗い...

【第2類医薬品】オロナインH軟膏 ビン 250g ×3個セット

ビタミンハウス楽天支店ミサワ薬局

4,674

【第2類医薬品】オロナインH軟膏 ビン 250g ×3個セット

■購入個数制限あり:1セットまで商品説明 「オロナインH軟膏 ビン 250g」は、殺菌効果に優れた、グルコン酸クロルヘキシジンを配合した軟膏です。切り傷・すり傷の殺菌・消毒をはじめ、しもやけ、あかぎれ、にきび、吹出物、はたけ、やけど(軽いもの)などに優れた効き目があります。医薬品。 使用上の注意 ●してはいけないこと (守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる) 次の部位には使用しないでください。 (1)湿疹(ただれ、かぶれ) (2)化粧下 (3)虫さされ ●相談すること1.次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談してください。 (1)医師の治療を受けている人 (2)本人又は家族がアレルギー体質の人 (3)薬や化粧品等によりアレルギー症状(例えば発疹・発赤、かゆみ、かぶれ等)を起こしたことがある人 (4)患部が広範囲の人 (5)湿潤やただれのひどい人 (6)深い傷やひどいやけどの人 2.次の場合は、直ちに使用を中止し、添付文書を持って医師又は薬剤師に相談してください。 (1)使用後、次の症状があらわれた場合関係部位症状 皮膚発赤、発疹、かゆみ、はれ、乾燥、ひびわれ (2)5-6日間使用しても症状がよくならない場合 効能・効果 にきび、吹出物、はたけ、火傷(かるいもの)、ひび、しもやけ、あかぎれ、傷、水虫(じゅくじゅくしていないもの)、たむし、いんきん、しらくも 用法・用量 患部の状態に応じて適宜ガーゼ、脱脂綿等に塗布して使用するか又は清潔な手指にて直接患部に応用します。 ※用法・用量に関するご注意 (1)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。 (2)目に入らないように注意してください。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお、症状が重い場合には...

スポンサーリンク
スポンサーリンク