メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「コンドロパワー ex」検索結果。

コンドロパワー exの商品検索結果全13件中1~13件目

【第3類医薬品】コンドロパワーEX(270錠入)

ミルキー薬局

2,780

【第3類医薬品】コンドロパワーEX(270錠入)

【医薬品】 神経系の調節機能があるビタミンB1に、コンドロイチン硫酸ナトリウムと、ビタミンB1の作用を助けるアスパラギン酸カリウム・マグネシウム、更に塩酸グルコサミン(緩衝剤)を配合。関節痛・神経痛・肩凝り・腰痛・手足のしびれに効果のある内服薬です。■ 効能・効果 ●次の諸症状の緩和:神経痛、筋肉痛・関節痛(腰痛、肩こり、五十肩など)、手足のしびれ、便秘、眼精疲労●脚気:「ただし、これらの症状について、1カ月ほど使用しても改善がみられない場合は、医師又は薬剤師に相談して下さい。」●次の場合のビタミン B1の補給:肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時■ 容量・用法 次の1回量を1日3回(朝、昼、晩)、水はたはお湯で服用してください。成人(15才以上)…1日3回、1回量3錠、15才未満…服用しないこと■ 成分 1日量(9錠)中ビタミンB1(硫酸チアミン)…30mg、コンドロイチン硫酸ナトリウム…800mg、アスパラギン酸カリウム、マグネシウム等量混合物…200mg、添加物として、塩酸グルコサミン、セルロース、アルファー化デンプン、クロスポビドン、ステアリン酸マグネシウムを含有します■使用上の注意相談すること1.次の人は服用前に医師または薬剤師に相談してください。 (1)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。 (2)次の診断を受けた人 腎臓病2.次の場合は、直ちに服用を中止し、この添付文書をもって医師または薬剤師に相談してください。 (1)服用後、次の症状があらわれた場合関係部位 症状 皮ふ 発疹、発赤、かゆみ 消化器 悪心、嘔吐 (2)1ヶ月位服用しても症状がよくならない場合。3.次の症状があらわれることがあるので、このような症状の継続または増強が見られた場合には、服用を中止し...

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
【第3類医薬品】コンドロイチンZS錠 270錠 ×3

Amazon

19,725

【第3類医薬品】コンドロイチンZS錠 270錠 ×3

コンドロイチンが痛みを抑えるメカニズム 1.患部の炎症を防ぎます。 2.損傷を受けた組織を修復します。 3.抹消の血液循環を改善します。 4.痛みの刺激伝達を弱めます。 コンドロイチンは以下の症状に効きます ■関節痛 コンドロイチンは骨の関節部分に多く含まれており、骨と骨が直接触れることを避ける クッションの役目を果たし関節の働きをスムーズにさせています。 コンドロイチンの不足が関節痛の原因の一つとされています。 ■神経痛 神経は、「電線」にたとえられます。 電線が、ゴム皮膜で覆われているように、神経も「髄鞘」でカバーされており、 これが傷ついたりすると漏電に相当する神経痛が起こります。コンドロイチンは、 傷ついた髄鞘を修復する作用があります。 ■五十肩 五十肩は、肩関節周囲の炎症が原因です。コンドロイチンは、肩関節周囲の炎症を押さえ、 肩関節の変性を防ぎ弾力性を維持させることにより肩の関節の動きをスムーズにする働きがあります。 ■腰痛 腰痛の原因のひとつに椎間板が変性を起こし骨化することがあげられます。コンドロイチンは、 椎間板の水分を補給し、クッション作用を回復させるとともに椎間板の骨化を防ぎ、痛みをやわらげます。

【第3類医薬品】アリナリッチEXハイ270錠

Amazon

2,980

【第3類医薬品】アリナリッチEXハイ270錠

製品の特徴 本品は、ビタミンB1誘導体のフルスルチアミン塩酸塩、ビタミンB6、ビタミンB12のビタミン群を主剤とし、自律神経をコントロールするガンマ-オリザノールが効果的に作用し、目の疲れ、肩こり、腰の痛みなど、ツライ症状に優れた効果をあらわします。 補酵素となってエネルギーの産生に作用するパントテン酸カルシウム、体の末端の血流循環を改善するビタミンEを配合しています。 アリナミンEXのジェネリックタイプで大変お得です! 使用上の注意 ■相談すること 1.次の場合は、この文書を持って医師7、歯科医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。 (1)服用後、皮膚部に発疹、発赤、かゆみ、消化器に吐き気・嘔吐などの症状があらわれた場合は、副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、相談してください。 (2)1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合 2.服用後、下痢症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合は、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。 効能・効果 次の諸症状の緩和:神経痛、筋肉痛・関節痛(腰痛、肩こり、五十肩など)、手足のしびれ、眼精疲労 「ただし、これらの症状について、1ヵ月ほど使用しても改善がみられない場合は、医師又は薬剤師に相談してください。」 次の場合のビタミンB1、B6、B12の補給:肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時 用法・用量 次の量を朝食後または夕食後なるべく30分以内に, 水またはぬるま湯でおのみ下さい。 年齢 1回量 1日服用回数 成人(15才以上) 2~3錠 1回 15歳未満 服用しないで下さい 成分・分量 【3錠中】 成分 分量 フルスルチアミン塩酸塩(ビタミンB1誘導体) (フルスルチアミンとして100mg) 109...

スポンサーリンク
スポンサーリンク