メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「コッコアポ l」検索結果。

コッコアポ lの商品検索結果全12件中1~12件目

こちらの関連商品はいかがですか?

【第2類医薬品】《クラシエ》新コッコアポS錠 360錠(漢方製剤・肥満症)

青空BLUE

3,580

【第2類医薬品】《クラシエ》新コッコアポS錠 360錠(漢方製剤・肥満症)

※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります ■ 便秘がちで、腹部に皮下脂肪の多いひとの肥満症、便秘、高血圧の随伴症状(どうき・肩こり・のぼせ)、むくみなどに効果があります 効能 体力充実して、腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちなものの次の諸症:高血圧や肥満に伴う動悸・肩こり・のぼせ・むくみ・便秘、蓄膿症(副鼻腔炎)、湿疹・皮膚炎、ふきでもの(にきび)、肥満症 成分 成人1日の服用量12錠(1錠340mg)中防風通聖散料エキス粉末・・・2,850mg(トウキ・シャクヤク・センキュウ・サンシシ・レンギョウ・ハッカ・ケイガイ・ボウフウ・マオウ各0.6g、ビャクジュツ・キキョウ・オウゴン・カンゾウ・セッコウ各1.0g、乾燥硫酸ナトリウム0.375g、ショウキョウ0.2g、ダイオウ0.75g、カッセキ1.5gより抽出。)添加物として、二酸化ケイ素、クロスCMC-Na、クロスポビドン、ステアリン酸Mgを含有する 用法・用量 次の量を1日3回食前又は食間に水又は白湯にて服用。成人(15才以上)・・・1回4錠15才未満・・・服用しないこと 容量 360錠 ご注意 してはいけないこと (守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります) 本剤を服用している間は、次の医薬品を服用しないで下さい 他の瀉下薬(下剤) 授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けてください 相談すること 次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談してください 医師の治療を受けている人 妊婦又は妊娠していると思われる人 体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人) 胃腸が弱く下痢しやすい人 発汗傾向の著しい人 高齢者 今までに薬により発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人 次の症状のある人むくみ、排尿困難 次の診断を受けた人 高血圧...

送料無料
【第2類医薬品】【送料無料】 新コッコアポS錠 360錠 −気になるおなかの脂肪に!−(医薬品)

元気になりま商店

4,698

【第2類医薬品】【送料無料】 新コッコアポS錠 360錠 −気になるおなかの脂肪に!−(医薬品)

スタッフからの ”まめコメント” コッコアポシリーズの新商品ですお腹まわりが気になるメタボリック世代におススメ! 他の「新コッコアポS錠」はこちら ◆新コッコアポS錠 180錠 ◆【送料無料】 新コッコアポS錠 360錠【リスク区分】:第2類医薬品【使用期限】:使用期限まで1年以上あるものをお送りします 【医薬品販売に関する記載事項】はこちら【製造販売元】:♪こんな商品もあります! ◆ ◆ ◆ 新コッコアポS錠 360錠 −のってるあなたは代謝UPですっきり!− ◆おなかに脂肪がたまりやすい方、便秘がちな方に適した漢方薬です。新コッコアポS錠は、漢方の古典といわれる中国の医書「宣明論(センメイロン)」に収載されている「防風通聖散(ボウフウツウショウサン)」という漢方です。昔から太鼓腹タイプの方によく使われる漢方薬で、おなかに脂肪がたまりやすい方、便秘がちな方に適しています。 ◆脂肪の分解・燃焼を促して肥満症を改善します。新コッコアポS錠は、漢方の力で発汗、排便、排尿などにより体内に溜まった老廃物の排泄を促進し、代謝を改善して脂肪が燃えやすい体にします。 ◆18種類の生薬が体にはたらきかけ、効果を発揮します。 ◆こんな方におすすめします!●お腹の脂肪が気になる ●ポッコリとお腹が出てきた ●食欲が旺盛でつい食べ過ぎる ●運動不足を気にしている ●便秘がちでお腹に脂肪が多い 剤 形 錠剤 内容量 360錠 発売元 カネボウ薬品株式会社(現Kracie) 効能・効果 腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちなものの次の諸症: 肥満症、便秘、高血圧の随伴症状(どうき、肩こり、のぼせ)、むくみ 用法・用量 1日3回食前又は食間に水又は白湯にて服用。 年齢 1回量 成人(15才以上) 4錠 15才未満 服用しないこと 成分・分量 成人1日の服用量12錠...

新セデス錠 80錠

purewell 楽天市場店

1,391

新セデス錠 80錠

使用上の注意 ■してはいけないこと (守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故がおこりやすくなります) 1.次の人は服用しないで下さい (1)本剤または本剤の成分によりアレルギー症状をおこしたことがある人 (2)本剤または他の解熱鎮痛薬,かぜ薬を服用してぜんそくをおこしたことがある人 2.本剤を服用している間は,次のいずれの医薬品も服用しないで下さい 他の解熱鎮痛薬,かぜ薬,鎮静薬,乗物酔い薬 3.服用後,乗物または機械類の運転操作をしないで下さい(眠気などがあらわれることがあります) 4.服用前後は飲酒しないで下さい 5.長期連用しないで下さい ■相談すること 1.次の人は服用前に医師,歯科医師,薬剤師または登録販売者にご相談下さい (1)医師または歯科医師の治療を受けている人 (2)妊婦または妊娠していると思われる人 (3)水痘(水ぼうそう)もしくはインフルエンザにかかっている,またはその疑いのある小児(15才未満) (4)高齢者 (5)薬などによりアレルギー症状をおこしたことがある人 (6)次の診断を受けた人 心臓病,腎臓病,肝臓病,胃・十二指腸潰瘍 2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者にご相談下さい [関係部位:症状] 皮膚:発疹・発赤,かゆみ 消化器:吐き気・嘔吐,食欲不振 精神神経系:めまい その他:過度の体温低下 まれに次の重篤な症状がおこることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けて下さい。 [症状の名称:症状] ショック(アナフィラキシー):服用後すぐに,皮膚のかゆみ,じんましん,声のかすれ,くしゃみ,のどのかゆみ,息苦しさ,動悸,意識の混濁などがあらわれる。 皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)...

スポンサーリンク
スポンサーリンク