メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「エンクロン」検索結果。

エンクロンの商品検索結果全13件中1~13件目

こちらの関連商品はいかがですか?

【第(2)類医薬品】テルバインEXクリーム 25g

湖畔の薬屋

1,338

【第(2)類医薬品】テルバインEXクリーム 25g

【商品特徴】 ●テルビナフィン塩酸塩の優れた殺真菌作用と角質浸透性により、1日1回の塗布で水虫・たむしに優れた効果を発揮します。 ●かゆみを止める成分「ジフェンヒドラミン塩酸塩」と局所麻酔成分「リドカイン」が素早くかゆみを鎮めます。 ●「グリチルレチン酸」が患部の炎症をおさえます。 ●「イソプロピルメチルフェノール」の殺菌作用で雑菌の繁殖をおさえます。 ●べとつかず、サラッとした使用感のクリームでジュクジュクした患部に適しています。 【効能効果】 みずむし、いんきんたむし、ぜにたむし 【用法用量】 1日1回、適量を患部に塗布してください。 【内容成分】100g中 テルビナフィン塩酸塩 1g、イソプロピルメチルフェノール 0.3g、ジフェンヒドラミン塩酸塩 0.5g、リドカイン 2g、グリチルレチン酸 0.5g 添加物:グリセリン、ミリスチン酸イソプロピル、ベンジルアルコール、流動パラフィン、オクチルドデカノール、ワセリン、パラフィン、硫酸Mg、縮合リシノレイン酸ポリグリセリル、クエン酸、クエン酸Na 分類:第(2)類医薬品 製造、販売元:日本、中外医薬生産株式会社 広告文責:有限会社シンエイ・電話077-545-0252

【第2類医薬品】小林製薬 アットノンEXクリーム 15g

なの花ドラッグ 楽天市場店

1,080

【第2類医薬品】小林製薬 アットノンEXクリーム 15g

製品仕様 ■商品名 【第2類医薬品】アットノンEXクリーム 15g ■商品特長 ○傷あととは、傷が修復されるときに皮ふ組織が異常に増殖することによって、傷口に赤みや盛り上がりが残った状態のことをいいます。 アットノンは、傷あとに効果的な3つの有効成分が傷あとを治していきます (1)ヘパリン類似物質が、ターンオーバーを促進して正常な皮ふの再生を促します (2)アラントインが、傷ついた皮膚の組織を修復します (3)グリチルリチン酸二カリウムが、傷あとに残った炎症を鎮めます ○肌のターンオーバーを意識して塗り続けることで、徐々に傷あとに効いていきます ■成分・分量100g中 ○ヘパリン類似物質・・・0.3【ターンオーバー促進作用、血行促進作用、水分保持作用があります】 ○アラントイン・・・0.2g【傷ついた皮ふ組織の修復を助けます】g ○グリチルリチン酸二カリウム・・・1g【肌の炎症を鎮めます】 添加物として、セタノール、ステアリルアルコール、ワセリン、流動パラフィン、スクワラン、ミリスチン酸イソプロピル、 ジメチルポリシロキサン、自己乳化型ステアリン酸グリセリン、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、ポリソルベート60、 カルボキシビニルポリマー、1,3-ブチレングリコール、プロピレングリコール、パラベン、エデト酸Na、トリエタノールを含有する ■効能、効果 きず・やけどのあとの皮ふのしこり・つっぱり(顔面を除く)、ひじ・ひざ・かかと・くるぶしの角化症、手指の荒れ、手足のひび・あかぎれ、 乾皮症、小児の乾燥性皮ふ、しもやけ(ただれを除く)、打身・ねんざ後のはれ・筋肉痛・関節痛 ■用法、用量 ○1日1~数回を患部にすりこみか、又はガーゼなどにのばして貼ってください ■用法、用量に関する注意 (1)使用のつどキャップをしっかりしめること ...

【第2類医薬品】ストッパエル下痢止メEX 12錠 ×4個セット

ビタミンハウス楽天支店ミサワ薬局

3,084

【第2類医薬品】ストッパエル下痢止メEX 12錠 ×4個セット

■購入個数制限あり:1セットまで「ストッパL 下痢止めEX 12錠」は、お腹が痛いときの下痢に水なし1錠で効きます。口の中で溶かし、水なしでのめるため、電車の中など場所を選ばずにのむことができます。さらに早く溶けるように粒が小さくなりました。爽やかなアップル味。医薬品。・生薬シャクヤクエキス:おなかが痛いときの下痢に効果を発揮・ロートエキス(生薬ロートコンから抽出):腸の異常収縮を抑え、腸内での便の移行スピードを抑えます。・タンニン酸ベルべリン:腸粘膜の炎症を抑えるとともに下痢の原因菌を殺菌し、食あたり・水あたり等の下痢に効果を発揮します。使用上の注意■してはいけないこと(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなる)1.本剤を服用している間は、次の医薬品を服用しないでください胃腸鎮痛鎮痙薬、ロートエキスを含有する他の胃腸薬、乗物酔い薬2.服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないでください(目のかすみ、異常なまぶしさ等の症状があらわれることがある。)3.授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けてください(母乳に移行して乳児の脈が速くなることがある。)■相談すること1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください(1)医師の治療を受けている人。(2)発熱を伴う下痢のある人、血便のある人又は粘液便の続く人。(3)急性の激しい下痢又は腹痛・腹部膨満・はきけ等の症状を伴う下痢のある人。(本剤で無理に下痢をとめるとかえって病気を悪化させることがある。)(4)妊婦又は妊娠していると思われる人。(5)高齢者。(6)薬などによリアレルギー症状を起こしたことがある人。(ア)次の症状のある人。排尿困難(8)次の診断を受けた人。心臓病、緑内障2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がある...

スポンサーリンク
スポンサーリンク