メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ウット」検索結果。

こちらの関連商品はいかがですか?

【指定第2類医薬品】大正製薬ネオデイ  12錠

MEGA 楽天市場店

698

【指定第2類医薬品】大正製薬ネオデイ 12錠

特徴 ○多忙な毎日を送る現代人の中には、ストレスなどによって眠れない日々に悩んでいる方は少なくありません。 ○ネオデイは、抗ヒスタミン剤:ジフェンヒドラミン塩酸塩を配合した一般用医薬品の睡眠改善薬です。 ○寝つきが悪い、眠りが浅いといった一時的な不眠症状の緩和に効果をあらわします。 効能・効果 一時的な不眠の次の症状の緩和: 寝つきが悪い、眠りが浅い 内容成分・成分量 2錠中 ジフェンヒドラミン塩酸塩・・・50mg (脳におけるヒスタミンの作用をおさえ、眠気をもよおします。) 添加物:乳糖、ヒドロキシプロピルセルロース、無水ケイ酸、クロスカルメロースNa、ステアリン酸Mg、ヒプロメロース、白糖、酸化チタン、カルナウバロウ 用法・用量/使用方法 寝つきが悪い時や眠りが浅い時、下記の1回の量を、1日1回就寝前に水又はぬるま湯で服用してください。 ○大人(15歳以上)・・・1回量2錠、服用回数1日1回 ○15歳未満・・・服用しないこと 使用上の注意 ■してはいけないこと (守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなります) 1.次の人は服用しないでください (1)妊婦又は妊娠していると思われる人。 (2)15才未満の小児。 (3)日常的に不眠の人。 (4)不眠症の診断を受けた人。 2.本剤を服用している間は,次のいずれの医薬品も服用しないでください 他の催眠鎮静薬,かぜ薬,解熱鎮痛薬,鎮咳去痰薬,抗ヒスタミン剤を含有する内服薬(鼻炎用内服薬,乗物酔い薬,アレルギー用薬) 3.服用後,乗物又は機械類の運転操作をしないでください (眠気をもよおして事故を起こすことがあります。また,本剤の服用により,翌日まで眠気が続いたり,だるさを感じる場合は,これらの症状が消えるまで,乗物又は機械類の運転操作をしないでください。) 4...

【指定第2類医薬品】ネオデイ 12錠

ビタミンガーデン

829

【指定第2類医薬品】ネオデイ 12錠

■購入個数制限あり:3個まで「ネオデイ 12錠」は、抗ヒスタミン剤の塩酸ジフェンヒドラミンを配合した催眠鎮静剤です。寝つきが悪い、眠りが浅いといった一時的な不眠症状の緩和に効果をあらわします。直径7mmの服用しやすい小型のフィルムコーティング錠です。医薬品。▼使用上の注意▼●してはいけないこと●1.次の人は服用しないで下さい。・妊婦又は妊娠していると思われる人・15才未満の小児・日常的に不眠の人・不眠症の診断を受けた人2.本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も服用しないで下さい。他の催眠鎮静薬、かぜ薬、解熱鎮痛薬、鎮咳去痰薬、抗ヒスタミン剤を含有する内服薬(鼻炎用内服薬、乗物酔い薬、アレルギー用薬)3.服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないで下さい。(眠気をもよおして事故をおこすことがあります。また、本剤の服用により、翌日まで眠気が続いたり、だるさを感じる場合は、これらの症状が消えるまで乗物又は機械類の運転操作をしないで下さい)4.授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は、授乳を避けて下さい。5.服用時は飲酒しないで下さい。6.寝つきが悪い時や眠りが浅い時のみの服用にとどめ、連用しないで下さい。●相談すること●1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談して下さい。・医師の治療を受けている人・高齢者・本人又は家族がアレルギー体質の人・薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人・次の症状のある人:排尿困難・次の診断を受けた人:緑内障、前立腺肥大2.次の場合は、直ちに服用を中止し、説明書を持って医師又は薬剤師に相談してください。・服用後、次の症状があわられた場合関係部位症状皮ふ発疹・発赤、かゆみ精神神経系めまい、頭痛、起床時の頭重感、昼間の眠気、気分不快、神経過敏、一時的な意識障害(注意力の低下、ねぼけ様症状...

【指定第2類医薬品】 ベンザブロックL錠 45錠

ドラッグ ヒーロー

1,676

【指定第2類医薬品】 ベンザブロックL錠 45錠

◆商品説明◆ ●イブプロフェンの解熱・鎮痛作用により,のどの痛み・発熱などを改善します。 ●塩酸プソイドエフェドリンが鼻粘膜の充血を抑え,鼻づまりを緩和します。 ●5種の成分がバランスよくはたらいて,かぜのいろいろな症状を緩和します。 ●のみやすい小型の白い円形の錠剤です。 使用上の注意 ■してはいけないこと (守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなる) 1.次の人は服用しないこと (1)本剤または本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。 (2)本剤または他のかぜ薬,解熱鎮痛薬を服用してぜんそくを起こしたことがある人。 (3)15歳未満の小児。 (4)出産予定日12週以内の妊婦。 (5)次の症状のある人。 前立腺肥大による排尿困難 (6)次の診断を受けた人。 高血圧,心臓病,甲状腺機能障害,糖尿病 2.本剤を服用している間は,次のいずれの医薬品も使用しないこと 他のかぜ薬,解熱鎮痛薬,鎮静薬,鎮咳去たん薬,抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(鼻炎用内服薬,乗り物酔い用薬,アレルギー用薬,催眠鎮静薬等) 3.服用後,乗り物または機械類の運転操作をしないこと (眠気等があらわれることがある。) 4.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けること 5.服用前後は飲酒しないこと 6.5日を超えて服用しないこと ■相談すること 1.次の人は服用前に医師,薬剤師または薬剤師に相談すること (1)医師または歯科医師の治療を受けている人。 (2)妊婦または妊娠していると思われる人。 (3)高齢者。 (4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。 (5)次の症状のある人。 高熱,排尿困難 (6)次の診断を受けた人。 肝臓病,腎臓病,緑内障...

スポンサーリンク
スポンサーリンク