メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ウット」検索結果。

こちらの関連商品はいかがですか?

【指定第2類医薬品】ピタリット 12錠 ×2個セット

ビタミンハウス楽天支店ミサワ薬局

1,624

【指定第2類医薬品】ピタリット 12錠 ×2個セット

■購入個数制限あり:2セットまで「ピタリット 12錠」は、基準外成分塩酸ロペラミドを配合した大人(15才以上)専用の下痢止め薬です。酸ロペラミドが腸に直接作用して、活発になりすぎた腸のぜん動運動をしずめ、腸内の水分量を調節します。 消化酵素ビオヂアスターゼ2000が胃腸に滞留した未消化物の消化を助け、食べすぎや飲みすぎによる下痢を改善し、塩化ベルベリンが水あたり食あたりを改善します。飲みやすい小型のフィルムコーティング錠。医薬品。 使用上の注意 ●してはいけないこと● (守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故がおこりやすくなります) 1.次の人は服用しないで下さい。 本剤によるアレルギー症状を起こしたことがある人 2.本剤を服用している間は、次の医薬品を服用しないで下さい。 胃腸鎮痛鎮痙薬 3.服用後、乗り物又は機械類の運転操作をしないで下さい。(眠気がおこることがあります) 4.服用時は飲酒しないで下さい。 ●相談すること● 1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談してください。 ・医師の治療を受けている人 ・発熱を伴う下痢のある人、血便のある人又は粘液便の続く人 ・急性の激しい下痢又は腹痛、腹部膨満、はきけ等の症状を伴う下痢のある人(本剤で無理に下痢を止めるとかえって病気を悪化させることがあります) ・便秘を避けなければならない肛門疾患等のある人(本剤の服用により便秘が発現することがあります) ・妊婦又は妊娠していると思われる人 ・授乳中の人 ・高齢者 ・本人又は家族がアレルギー体質の人 ・薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人 2.次の場合は、直ちに服用を中止し、説明書を持って医師又は薬剤師に相談してください。 ・服用後、次の症状があわられた場合関係部位症状 皮ふ発疹・発赤、かゆみ 消化器便秘、腹部膨満感...

【指定第2類医薬品】ピタリット 12錠

ビタミンガーデン

835

【指定第2類医薬品】ピタリット 12錠

■購入個数制限あり:3個まで「ピタリット 12錠」は、基準外成分塩酸ロペラミドを配合した大人(15才以上)専用の下痢止め薬です。酸ロペラミドが腸に直接作用して、活発になりすぎた腸のぜん動運動をしずめ、腸内の水分量を調節します。 消化酵素ビオヂアスターゼ2000が胃腸に滞留した未消化物の消化を助け、食べすぎや飲みすぎによる下痢を改善し、塩化ベルベリンが水あたり食あたりを改善します。飲みやすい小型のフィルムコーティング錠。医薬品。 使用上の注意 ●してはいけないこと● (守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故がおこりやすくなります) 1.次の人は服用しないで下さい。 本剤によるアレルギー症状を起こしたことがある人 2.本剤を服用している間は、次の医薬品を服用しないで下さい。 胃腸鎮痛鎮痙薬 3.服用後、乗り物又は機械類の運転操作をしないで下さい。(眠気がおこることがあります) 4.服用時は飲酒しないで下さい。 ●相談すること● 1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談してください。 ・医師の治療を受けている人 ・発熱を伴う下痢のある人、血便のある人又は粘液便の続く人 ・急性の激しい下痢又は腹痛、腹部膨満、はきけ等の症状を伴う下痢のある人(本剤で無理に下痢を止めるとかえって病気を悪化させることがあります) ・便秘を避けなければならない肛門疾患等のある人(本剤の服用により便秘が発現することがあります) ・妊婦又は妊娠していると思われる人 ・授乳中の人 ・高齢者 ・本人又は家族がアレルギー体質の人 ・薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人 2.次の場合は、直ちに服用を中止し、説明書を持って医師又は薬剤師に相談してください。 ・服用後、次の症状があわられた場合関係部位症状 皮ふ発疹・発赤、かゆみ 消化器便秘、腹部膨満感、腹部不快感...

【指定第2類医薬品】ピタリット 12錠 ×4個セット

ビタミンハウス楽天支店ミサワ薬局

3,248

【指定第2類医薬品】ピタリット 12錠 ×4個セット

■購入個数制限あり:1セットまで「ピタリット 12錠」は、基準外成分塩酸ロペラミドを配合した大人(15才以上)専用の下痢止め薬です。酸ロペラミドが腸に直接作用して、活発になりすぎた腸のぜん動運動をしずめ、腸内の水分量を調節します。 消化酵素ビオヂアスターゼ2000が胃腸に滞留した未消化物の消化を助け、食べすぎや飲みすぎによる下痢を改善し、塩化ベルベリンが水あたり食あたりを改善します。飲みやすい小型のフィルムコーティング錠。医薬品。 使用上の注意 ●してはいけないこと● (守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故がおこりやすくなります) 1.次の人は服用しないで下さい。 本剤によるアレルギー症状を起こしたことがある人 2.本剤を服用している間は、次の医薬品を服用しないで下さい。 胃腸鎮痛鎮痙薬 3.服用後、乗り物又は機械類の運転操作をしないで下さい。(眠気がおこることがあります) 4.服用時は飲酒しないで下さい。 ●相談すること● 1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談してください。 ・医師の治療を受けている人 ・発熱を伴う下痢のある人、血便のある人又は粘液便の続く人 ・急性の激しい下痢又は腹痛、腹部膨満、はきけ等の症状を伴う下痢のある人(本剤で無理に下痢を止めるとかえって病気を悪化させることがあります) ・便秘を避けなければならない肛門疾患等のある人(本剤の服用により便秘が発現することがあります) ・妊婦又は妊娠していると思われる人 ・授乳中の人 ・高齢者 ・本人又は家族がアレルギー体質の人 ・薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人 2.次の場合は、直ちに服用を中止し、説明書を持って医師又は薬剤師に相談してください。 ・服用後、次の症状があわられた場合関係部位症状 皮ふ発疹・発赤、かゆみ 消化器便秘、腹部膨満感...

スポンサーリンク
スポンサーリンク