メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「インド香」検索結果。

インド香の商品検索結果全3,344件中1~60件目

【ピチ☆ピチ☆ピーチであなたのココロもピッチピッチ】お香/インセンス/インド香/御香/PEACH/ピーチ/アジア/インド/エスニック/サイババ/フレグランス/アロマ/香水/香り/リラックス/桃...

サラダボール-夢が届くブランド店

740

【ピチ☆ピチ☆ピーチであなたのココロもピッチピッチ】お香/インセンス/インド香/御香/PEACH/ピーチ/アジア/インド/エスニック/サイババ/フレグランス/アロマ/香水/香り/リラックス/桃...

在庫の有無について 在庫管理には、できる限り注意を払っておりますが、弊社の複数の店舗で商品の在庫を共有している為、同時刻にご注文が集中した場合など、在庫の反映が行われる前にご注文が確定してしまい、商品をご用意できない場合がございます。 個人情報の管理にご不安のあるお客様は、必ずご注文の前に在庫をご確認の上、ご注文いただきますようお願いいたします。 お客様には、大変お手数とご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。◆個性的な、オシャレな人は香を焚く!? いまや、アジア系やエスニック系のショップのみならず、屋内外の音楽イベントや、 オシャレ系のショップでもお香が焚かれています。 「この香りイイね〜」といいながら、何か分からずじまい…な事ありますよね。 ここで、あの時のあの香りにまた会えることでしょう。 ◆やっぱり『HEM』はイイ! 『HEM』のお香は、日本でのシェアはNo.1でしょう! インドのお香を愛用している人にHEMを知らない人はいない!といっても過言ではありません。 お香の初心者から上級者までうならせる芳しい香り。 焚くと煙の匂いで香りが潰されてしまって、「焚くと違うじゃん!」的な事がありがちですが、 HEM社のお香はそのようなハズレが少ないように思います。 お香に抵抗があったのにHEMのお香を知ってから、急にお香好きになった友人を何人も見ています(笑) ◆ピチ☆ピチ☆ピーチで あなたのココロもピッチピッチ お肌も心もピッチピッチだった15歳の頃の希望に満ち溢れた熱い気持ちを思い起こさせてくれることでしょう。 Gift Wrapping ☆無料と有料の2種類から選べます☆ ■フリーラッピング(無料) ギフトバッグ+リボンなどのシンプルなラッピングです。 ■プレミアムラッピング(有料...

らくらく塗香 さくら 塗香

お香・線香・九谷焼の香源香カフェ

1,620

らくらく塗香 さくら 塗香

手軽に塗香が使えるようになりました!! いままで塗香を使っていたけれど、 塗る際の使いづらさ・・持ち運びづらさ・・ を感じたことはありませんか? 「らくらく塗香」 は写真のようにコンパクトなサイズであり、 フタを開けて”ポンポン”する だけでいいので、 使いやすく持ち運びも簡単なつくりになっています。 そもそも塗香とは・・ 仏教において心身を清める為に用いるお香で、「清め香」とも言われて おり 白檀を主体に数種類の漢薬の粉末を調合します。 昔、インドでは木の皮や香草を乾燥させ、粉末にした物を体に塗り香水の様に使用していまし た。 その後仏教と共に日本に伝わり、仏前に礼拝する前など身を清める為に、 塗香を手などに塗っ て使用する様になりました。 これが香の起源と云われ、お香の中では最も古い歴史があります。 このように、古くから愛される心身を清めるお香が塗香です。 手軽に使えるので、お寺に入る前だけでなく、お家のお仏壇に手を合わす際にもお使いください。 香りの種類は三種類あり、こちらは華やかなさくらの香りに仕上がっています。 「ラベンダー」「くらしっく」もありますので、お好みでお選び頂けます。 ※容器は使い切りタイプです。なくなりましたら新しいものと取り替えてください。 メーカー 長川仁三郎商店 対象 どなたでも/プレゼントにも パッケージ 紙箱 本体サイズ 直径約4cm、高さ約4.2cm パッケージサイズ 約10×7×5cm *香りの種類は全部で3種類をご用意! *くらしっく *さくら *らべんだー お好みの香りをお選び下さい^^

らくらく塗香 くらしっく 塗香

お香・線香・九谷焼の香源香カフェ

1,620

らくらく塗香 くらしっく 塗香

手軽に塗香が使えるようになりました!! いままで塗香を使っていたけれど、 塗る際の使いづらさ・・持ち運びづらさ・・ を感じたことはありませんか? 「らくらく塗香」 は写真のようにコンパクトなサイズであり、 フタを開けて”ポンポン”する だけでいいので、 使いやすく持ち運びも簡単なつくりになっています。 そもそも塗香とは・・ 仏教において心身を清める為に用いるお香で、「清め香」とも言われて おり 白檀を主体に数種類の漢薬の粉末を調合します。 昔、インドでは木の皮や香草を乾燥させ、粉末にした物を体に塗り香水の様に使用していまし た。 その後仏教と共に日本に伝わり、仏前に礼拝する前など身を清める為に、 塗香を手などに塗っ て使用する様になりました。 これが香の起源と云われ、お香の中では最も古い歴史があります。 このように、古くから愛される心身を清めるお香が塗香です。 手軽に使えるので、お寺に入る前だけでなく、お家のお仏壇に手を合わす際にもお使いくださ い。 香りの種類は三種類あり、こちらは落ち着いたクラシックの香りに仕上がっています。 「ラベンダー」「さくら」もありますので、お好みでお選び頂けます。 ※容器は使い切りタイプです。なくなりましたら新しいものと取り替えてください。 メーカー 長川仁三郎商店 対象 どなたでも/プレゼントにも パッケージ 紙箱 本体サイズ 直径約4cm、高さ約4.2cm パッケージサイズ 約10×7×5cm *香りの種類は全部で3種類をご用意! *くらしっく *さくら *らべんだー お好みの香りをお選び下さい^^

嵯峨野 進物 6箱入 化粧袋入

Amazon

1,912

嵯峨野 進物 6箱入 化粧袋入

お線香をお供えする意味合い お線香をお供えすることは、香煙を通じて仏様とお話しすることであると言われています。自分の身を清めたり、仏様の食事といった意味合いもあるようですが、なによりも、よい香りで心を落ち着けて仏様と向き合うことに大きな意味があるといえます。 また、仏前での御焼香は仏・法・僧(仏…お釈迦さま、法…仏の教えを説いた教 典、僧…仏も教えを広めるお坊さん)への帰依を意味して3回行うといわれています。 宗派によってちがいはありますが、お線香も仏・法・僧にならい3本立て るのが一般的だといえるでしょう。 文化と技術、その継承と創造 火と道具を手にした人類は文明を生み、そのときから香りの歴史が始まりました。 貴重な火の持続のために焚き続けた炎の中から、あるとき偶然に立ちのぼった芳香。 人はそれに神秘と力を感じ、人智を超えるものとして祈りや願いを託したのです。いま、世界の祈りの場では香が焚かれます。 ときめきとやすらぎを求める場にも香があります。 香は、現代の至高の精神文化であり、こころ豊かな暮らしの文化となっています。 古代インドからたどって4,000年。 東洋と西洋で独自の発展を遂げた香りの文化は、日本で再び出会い、融合し、新たな創造を加えて発展し続けています。 そしていま世界は、日本で完成された香の文化を中心に、香りを共通語にして、ひとつに結ばれようとしています。 日本の香りの歴史 千数百年の時が育んできた日本の香り文化。 日本の香りの歴史は、6世紀の仏教伝来を緒に形成されてきました。 香木や香りのよい和漢植物等の香料を焚き、人々の祈りや願いをかぐわしい香りに託す。 こうした宗教的儀式が広がる一方で、香を焚く習わしは貴人たちの優雅な生活文化のひとつとなり、室町時代には、焚いた香木を当てる香り遊びが発展して芸道となり、「香道...

送料無料
花いずみ バラの香り 大型バラ詰

Amazon

2,159

花いずみ バラの香り 大型バラ詰

お線香をお供えする意味合い お線香をお供えすることは、香煙を通じて仏様とお話しすることであると言われています。自分の身を清めたり、仏様の食事といった意味合いもあるようですが、なによりも、よい香りで心を落ち着けて仏様と向き合うことに大きな意味があるといえます。 また、仏前での御焼香は仏・法・僧(仏…お釈迦さま、法…仏の教えを説いた教 典、僧…仏も教えを広めるお坊さん)への帰依を意味して3回行うといわれています。 宗派によってちがいはありますが、お線香も仏・法・僧にならい3本立て るのが一般的だといえるでしょう。 文化と技術、その継承と創造 火と道具を手にした人類は文明を生み、そのときから香りの歴史が始まりました。 貴重な火の持続のために焚き続けた炎の中から、あるとき偶然に立ちのぼった芳香。 人はそれに神秘と力を感じ、人智を超えるものとして祈りや願いを託したのです。いま、世界の祈りの場では香が焚かれます。 ときめきとやすらぎを求める場にも香があります。 香は、現代の至高の精神文化であり、こころ豊かな暮らしの文化となっています。 古代インドからたどって4,000年。 東洋と西洋で独自の発展を遂げた香りの文化は、日本で再び出会い、融合し、新たな創造を加えて発展し続けています。 そしていま世界は、日本で完成された香の文化を中心に、香りを共通語にして、ひとつに結ばれようとしています。 日本の香りの歴史 千数百年の時が育んできた日本の香り文化。 日本の香りの歴史は、6世紀の仏教伝来を緒に形成されてきました。 香木や香りのよい和漢植物等の香料を焚き、人々の祈りや願いをかぐわしい香りに託す。 こうした宗教的儀式が広がる一方で、香を焚く習わしは貴人たちの優雅な生活文化のひとつとなり、室町時代には、焚いた香木を当てる香り遊びが発展して芸道となり、「香道...

送料無料
太陽 さくら 桐箱短寸 10入

Amazon

3,176

太陽 さくら 桐箱短寸 10入

お線香をお供えする意味合い お線香をお供えすることは、香煙を通じて仏様とお話しすることであると言われています。自分の身を清めたり、仏様の食事といった意味合いもあるようですが、なによりも、よい香りで心を落ち着けて仏様と向き合うことに大きな意味があるといえます。 また、仏前での御焼香は仏・法・僧(仏…お釈迦さま、法…仏の教えを説いた教 典、僧…仏も教えを広めるお坊さん)への帰依を意味して3回行うといわれています。 宗派によってちがいはありますが、お線香も仏・法・僧にならい3本立て るのが一般的だといえるでしょう。 文化と技術、その継承と創造 火と道具を手にした人類は文明を生み、そのときから香りの歴史が始まりました。 貴重な火の持続のために焚き続けた炎の中から、あるとき偶然に立ちのぼった芳香。 人はそれに神秘と力を感じ、人智を超えるものとして祈りや願いを託したのです。いま、世界の祈りの場では香が焚かれます。 ときめきとやすらぎを求める場にも香があります。 香は、現代の至高の精神文化であり、こころ豊かな暮らしの文化となっています。 古代インドからたどって4,000年。 東洋と西洋で独自の発展を遂げた香りの文化は、日本で再び出会い、融合し、新たな創造を加えて発展し続けています。 そしていま世界は、日本で完成された香の文化を中心に、香りを共通語にして、ひとつに結ばれようとしています。 日本の香りの歴史 千数百年の時が育んできた日本の香り文化。 日本の香りの歴史は、6世紀の仏教伝来を緒に形成されてきました。 香木や香りのよい和漢植物等の香料を焚き、人々の祈りや願いをかぐわしい香りに託す。 こうした宗教的儀式が広がる一方で、香を焚く習わしは貴人たちの優雅な生活文化のひとつとなり、室町時代には、焚いた香木を当てる香り遊びが発展して芸道となり、「香道...

プレミアム毎日香 アクア 大型バラ詰

Amazon

1,458

プレミアム毎日香 アクア 大型バラ詰

お線香をお供えする意味合い お線香をお供えすることは、香煙を通じて仏様とお話しすることであると言われています。自分の身を清めたり、仏様の食事といった意味合いもあるようですが、なによりも、よい香りで心を落ち着けて仏様と向き合うことに大きな意味があるといえます。 また、仏前での御焼香は仏・法・僧(仏…お釈迦さま、法…仏の教えを説いた教 典、僧…仏も教えを広めるお坊さん)への帰依を意味して3回行うといわれています。 宗派によってちがいはありますが、お線香も仏・法・僧にならい3本立て るのが一般的だといえるでしょう。 文化と技術、その継承と創造 火と道具を手にした人類は文明を生み、そのときから香りの歴史が始まりました。 貴重な火の持続のために焚き続けた炎の中から、あるとき偶然に立ちのぼった芳香。 人はそれに神秘と力を感じ、人智を超えるものとして祈りや願いを託したのです。いま、世界の祈りの場では香が焚かれます。 ときめきとやすらぎを求める場にも香があります。 香は、現代の至高の精神文化であり、こころ豊かな暮らしの文化となっています。 古代インドからたどって4,000年。 東洋と西洋で独自の発展を遂げた香りの文化は、日本で再び出会い、融合し、新たな創造を加えて発展し続けています。 そしていま世界は、日本で完成された香の文化を中心に、香りを共通語にして、ひとつに結ばれようとしています。 日本の香りの歴史 千数百年の時が育んできた日本の香り文化。 日本の香りの歴史は、6世紀の仏教伝来を緒に形成されてきました。 香木や香りのよい和漢植物等の香料を焚き、人々の祈りや願いをかぐわしい香りに託す。 こうした宗教的儀式が広がる一方で、香を焚く習わしは貴人たちの優雅な生活文化のひとつとなり、室町時代には、焚いた香木を当てる香り遊びが発展して芸道となり、「香道...

毎日香 進物型

Amazon

1,188

毎日香 進物型

お線香をお供えする意味合い お線香をお供えすることは、香煙を通じて仏様とお話しすることであると言われています。自分の身を清めたり、仏様の食事といった意味合いもあるようですが、なによりも、よい香りで心を落ち着けて仏様と向き合うことに大きな意味があるといえます。 また、仏前での御焼香は仏・法・僧(仏…お釈迦さま、法…仏の教えを説いた教 典、僧…仏も教えを広めるお坊さん)への帰依を意味して3回行うといわれています。 宗派によってちがいはありますが、お線香も仏・法・僧にならい3本立て るのが一般的だといえるでしょう。 文化と技術、その継承と創造 火と道具を手にした人類は文明を生み、そのときから香りの歴史が始まりました。 貴重な火の持続のために焚き続けた炎の中から、あるとき偶然に立ちのぼった芳香。 人はそれに神秘と力を感じ、人智を超えるものとして祈りや願いを託したのです。いま、世界の祈りの場では香が焚かれます。 ときめきとやすらぎを求める場にも香があります。 香は、現代の至高の精神文化であり、こころ豊かな暮らしの文化となっています。 古代インドからたどって4,000年。 東洋と西洋で独自の発展を遂げた香りの文化は、日本で再び出会い、融合し、新たな創造を加えて発展し続けています。 そしていま世界は、日本で完成された香の文化を中心に、香りを共通語にして、ひとつに結ばれようとしています。 日本の香りの歴史 千数百年の時が育んできた日本の香り文化。 日本の香りの歴史は、6世紀の仏教伝来を緒に形成されてきました。 香木や香りのよい和漢植物等の香料を焚き、人々の祈りや願いをかぐわしい香りに託す。 こうした宗教的儀式が広がる一方で、香を焚く習わしは貴人たちの優雅な生活文化のひとつとなり、室町時代には、焚いた香木を当てる香り遊びが発展して芸道となり、「香道...

送料無料
風だより 冬の章 バラ詰

Amazon

2,376

風だより 冬の章 バラ詰

お線香をお供えする意味合い お線香をお供えすることは、香煙を通じて仏様とお話しすることであると言われています。自分の身を清めたり、仏様の食事といった意味合いもあるようですが、なによりも、よい香りで心を落ち着けて仏様と向き合うことに大きな意味があるといえます。 また、仏前での御焼香は仏・法・僧(仏…お釈迦さま、法…仏の教えを説いた教 典、僧…仏も教えを広めるお坊さん)への帰依を意味して3回行うといわれています。 宗派によってちがいはありますが、お線香も仏・法・僧にならい3本立て るのが一般的だといえるでしょう。 文化と技術、その継承と創造 火と道具を手にした人類は文明を生み、そのときから香りの歴史が始まりました。 貴重な火の持続のために焚き続けた炎の中から、あるとき偶然に立ちのぼった芳香。 人はそれに神秘と力を感じ、人智を超えるものとして祈りや願いを託したのです。いま、世界の祈りの場では香が焚かれます。 ときめきとやすらぎを求める場にも香があります。 香は、現代の至高の精神文化であり、こころ豊かな暮らしの文化となっています。 古代インドからたどって4,000年。 東洋と西洋で独自の発展を遂げた香りの文化は、日本で再び出会い、融合し、新たな創造を加えて発展し続けています。 そしていま世界は、日本で完成された香の文化を中心に、香りを共通語にして、ひとつに結ばれようとしています。 日本の香りの歴史 千数百年の時が育んできた日本の香り文化。 日本の香りの歴史は、6世紀の仏教伝来を緒に形成されてきました。 香木や香りのよい和漢植物等の香料を焚き、人々の祈りや願いをかぐわしい香りに託す。 こうした宗教的儀式が広がる一方で、香を焚く習わしは貴人たちの優雅な生活文化のひとつとなり、室町時代には、焚いた香木を当てる香り遊びが発展して芸道となり、「香道...

送料無料
かたりべ ラベンダー/白梅 進物 4箱入 化粧袋入

Amazon

2,066

かたりべ ラベンダー/白梅 進物 4箱入 化粧袋入

お線香をお供えする意味合い お線香をお供えすることは、香煙を通じて仏様とお話しすることであると言われています。自分の身を清めたり、仏様の食事といった意味合いもあるようですが、なによりも、よい香りで心を落ち着けて仏様と向き合うことに大きな意味があるといえます。 また、仏前での御焼香は仏・法・僧(仏…お釈迦さま、法…仏の教えを説いた教 典、僧…仏も教えを広めるお坊さん)への帰依を意味して3回行うといわれています。 宗派によってちがいはありますが、お線香も仏・法・僧にならい3本立て るのが一般的だといえるでしょう。 文化と技術、その継承と創造 火と道具を手にした人類は文明を生み、そのときから香りの歴史が始まりました。 貴重な火の持続のために焚き続けた炎の中から、あるとき偶然に立ちのぼった芳香。 人はそれに神秘と力を感じ、人智を超えるものとして祈りや願いを託したのです。いま、世界の祈りの場では香が焚かれます。 ときめきとやすらぎを求める場にも香があります。 香は、現代の至高の精神文化であり、こころ豊かな暮らしの文化となっています。 古代インドからたどって4,000年。 東洋と西洋で独自の発展を遂げた香りの文化は、日本で再び出会い、融合し、新たな創造を加えて発展し続けています。 そしていま世界は、日本で完成された香の文化を中心に、香りを共通語にして、ひとつに結ばれようとしています。 日本の香りの歴史 千数百年の時が育んできた日本の香り文化。 日本の香りの歴史は、6世紀の仏教伝来を緒に形成されてきました。 香木や香りのよい和漢植物等の香料を焚き、人々の祈りや願いをかぐわしい香りに託す。 こうした宗教的儀式が広がる一方で、香を焚く習わしは貴人たちの優雅な生活文化のひとつとなり、室町時代には、焚いた香木を当てる香り遊びが発展して芸道となり、「香道...

かたりべ ばら 大型バラ詰

Amazon

1,620

かたりべ ばら 大型バラ詰

お線香をお供えする意味合い お線香をお供えすることは、香煙を通じて仏様とお話しすることであると言われています。自分の身を清めたり、仏様の食事といった意味合いもあるようですが、なによりも、よい香りで心を落ち着けて仏様と向き合うことに大きな意味があるといえます。 また、仏前での御焼香は仏・法・僧(仏…お釈迦さま、法…仏の教えを説いた教 典、僧…仏も教えを広めるお坊さん)への帰依を意味して3回行うといわれています。 宗派によってちがいはありますが、お線香も仏・法・僧にならい3本立て るのが一般的だといえるでしょう。 文化と技術、その継承と創造 火と道具を手にした人類は文明を生み、そのときから香りの歴史が始まりました。 貴重な火の持続のために焚き続けた炎の中から、あるとき偶然に立ちのぼった芳香。 人はそれに神秘と力を感じ、人智を超えるものとして祈りや願いを託したのです。いま、世界の祈りの場では香が焚かれます。 ときめきとやすらぎを求める場にも香があります。 香は、現代の至高の精神文化であり、こころ豊かな暮らしの文化となっています。 古代インドからたどって4,000年。 東洋と西洋で独自の発展を遂げた香りの文化は、日本で再び出会い、融合し、新たな創造を加えて発展し続けています。 そしていま世界は、日本で完成された香の文化を中心に、香りを共通語にして、ひとつに結ばれようとしています。 日本の香りの歴史 千数百年の時が育んできた日本の香り文化。 日本の香りの歴史は、6世紀の仏教伝来を緒に形成されてきました。 香木や香りのよい和漢植物等の香料を焚き、人々の祈りや願いをかぐわしい香りに託す。 こうした宗教的儀式が広がる一方で、香を焚く習わしは貴人たちの優雅な生活文化のひとつとなり、室町時代には、焚いた香木を当てる香り遊びが発展して芸道となり、「香道...

送料無料
風だより 夏の章 バラ詰

Amazon

2,252

風だより 夏の章 バラ詰

お線香をお供えする意味合い お線香をお供えすることは、香煙を通じて仏様とお話しすることであると言われています。自分の身を清めたり、仏様の食事といった意味合いもあるようですが、なによりも、よい香りで心を落ち着けて仏様と向き合うことに大きな意味があるといえます。 また、仏前での御焼香は仏・法・僧(仏…お釈迦さま、法…仏の教えを説いた教 典、僧…仏も教えを広めるお坊さん)への帰依を意味して3回行うといわれています。 宗派によってちがいはありますが、お線香も仏・法・僧にならい3本立て るのが一般的だといえるでしょう。 文化と技術、その継承と創造 火と道具を手にした人類は文明を生み、そのときから香りの歴史が始まりました。 貴重な火の持続のために焚き続けた炎の中から、あるとき偶然に立ちのぼった芳香。 人はそれに神秘と力を感じ、人智を超えるものとして祈りや願いを託したのです。いま、世界の祈りの場では香が焚かれます。 ときめきとやすらぎを求める場にも香があります。 香は、現代の至高の精神文化であり、こころ豊かな暮らしの文化となっています。 古代インドからたどって4,000年。 東洋と西洋で独自の発展を遂げた香りの文化は、日本で再び出会い、融合し、新たな創造を加えて発展し続けています。 そしていま世界は、日本で完成された香の文化を中心に、香りを共通語にして、ひとつに結ばれようとしています。 日本の香りの歴史 千数百年の時が育んできた日本の香り文化。 日本の香りの歴史は、6世紀の仏教伝来を緒に形成されてきました。 香木や香りのよい和漢植物等の香料を焚き、人々の祈りや願いをかぐわしい香りに託す。 こうした宗教的儀式が広がる一方で、香を焚く習わしは貴人たちの優雅な生活文化のひとつとなり、室町時代には、焚いた香木を当てる香り遊びが発展して芸道となり、「香道...

送料無料
青雲 クリーン 大型バラ #23702

Amazon

2,052

青雲 クリーン 大型バラ #23702

お線香をお供えする意味合い お線香をお供えすることは、香煙を通じて仏様とお話しすることであると言われています。自分の身を清めたり、仏様の食事といった意味合いもあるようですが、なによりも、よい香りで心を落ち着けて仏様と向き合うことに大きな意味があるといえます。 また、仏前での御焼香は仏・法・僧(仏…お釈迦さま、法…仏の教えを説いた教 典、僧…仏も教えを広めるお坊さん)への帰依を意味して3回行うといわれています。 宗派によってちがいはありますが、お線香も仏・法・僧にならい3本立て るのが一般的だといえるでしょう。 文化と技術、その継承と創造 火と道具を手にした人類は文明を生み、そのときから香りの歴史が始まりました。 貴重な火の持続のために焚き続けた炎の中から、あるとき偶然に立ちのぼった芳香。 人はそれに神秘と力を感じ、人智を超えるものとして祈りや願いを託したのです。いま、世界の祈りの場では香が焚かれます。 ときめきとやすらぎを求める場にも香があります。 香は、現代の至高の精神文化であり、こころ豊かな暮らしの文化となっています。 古代インドからたどって4,000年。 東洋と西洋で独自の発展を遂げた香りの文化は、日本で再び出会い、融合し、新たな創造を加えて発展し続けています。 そしていま世界は、日本で完成された香の文化を中心に、香りを共通語にして、ひとつに結ばれようとしています。 日本の香りの歴史 千数百年の時が育んできた日本の香り文化。 日本の香りの歴史は、6世紀の仏教伝来を緒に形成されてきました。 香木や香りのよい和漢植物等の香料を焚き、人々の祈りや願いをかぐわしい香りに託す。 こうした宗教的儀式が広がる一方で、香を焚く習わしは貴人たちの優雅な生活文化のひとつとなり、室町時代には、焚いた香木を当てる香り遊びが発展して芸道となり、「香道...

青雲 長中把 10入

Amazon

1,213

青雲 長中把 10入

お線香をお供えする意味合い お線香をお供えすることは、香煙を通じて仏様とお話しすることであると言われています。自分の身を清めたり、仏様の食事といった意味合いもあるようですが、なによりも、よい香りで心を落ち着けて仏様と向き合うことに大きな意味があるといえます。 また、仏前での御焼香は仏・法・僧(仏…お釈迦さま、法…仏の教えを説いた教 典、僧…仏も教えを広めるお坊さん)への帰依を意味して3回行うといわれています。 宗派によってちがいはありますが、お線香も仏・法・僧にならい3本立て るのが一般的だといえるでしょう。 文化と技術、その継承と創造 火と道具を手にした人類は文明を生み、そのときから香りの歴史が始まりました。 貴重な火の持続のために焚き続けた炎の中から、あるとき偶然に立ちのぼった芳香。 人はそれに神秘と力を感じ、人智を超えるものとして祈りや願いを託したのです。いま、世界の祈りの場では香が焚かれます。 ときめきとやすらぎを求める場にも香があります。 香は、現代の至高の精神文化であり、こころ豊かな暮らしの文化となっています。 古代インドからたどって4,000年。 東洋と西洋で独自の発展を遂げた香りの文化は、日本で再び出会い、融合し、新たな創造を加えて発展し続けています。 そしていま世界は、日本で完成された香の文化を中心に、香りを共通語にして、ひとつに結ばれようとしています。 日本の香りの歴史 千数百年の時が育んできた日本の香り文化。 日本の香りの歴史は、6世紀の仏教伝来を緒に形成されてきました。 香木や香りのよい和漢植物等の香料を焚き、人々の祈りや願いをかぐわしい香りに託す。 こうした宗教的儀式が広がる一方で、香を焚く習わしは貴人たちの優雅な生活文化のひとつとなり、室町時代には、焚いた香木を当てる香り遊びが発展して芸道となり、「香道...

Vaishnavi Flora お香 インセンス インド香 アジア エスニック

インド雑貨・アジア雑貨-TIRAKITA

1,010

Vaishnavi Flora お香 インセンス インド香 アジア エスニック

【商品詳細】 【お香の長さ】22cm程度 【1箱の重量】90g(約50本入ってます) 【インド商品について】弊社では「現地の雰囲気をそのまま伝える」というコンセプトのもと、現地で売られている商品を日本向けにアレンジせず、そのまま輸入・販売しております。日本人の視点で商品を検品しておりますが、インドならではの風合いや作りのものもございます。全く文化の異なる異国から来た商品とご理解ください。【配送について】【あす楽について】■Vaishnavi Floraと同じカテゴリの商品(インドのお香 > インドのお香 - 個性のある香り)Sugandha Swarna【お買い得パック】420円Panchavati190円クリシュナムスク香 Wellness Krishna Musk150円Padmini Gulistan210円Amrutha Sugandh210円ケサ-ル・チャンダン - Kesar Chandan150円ハイ・ライフ香 Wellness High Life150円Sugandha Swarna210円ナグチャンパ - Nag Champa210円ボリウッド香150円 Vaishnavi Floraの評価 鈴木 克彦様 (評価:) ・・・香り・・・ 火を付けなければ、フルーツや花のような甘い香りがしますし、 火を付ければ、柑橘類の皮のようなスッキリ甘い香りが強烈に広がります。 ・・・使用感・・・ 高級感の有る香りなのだが、余りにも強く香るものだから、 それがかえって使い道を狭めてしまいかねないお香でした。 ・・・一言・・・ ナグチャンパとも違う高級感の有る、良質の香りが、 いつまでも強く均一に漂うと讃えられるお香でしょう。 nyan様 (評価:) 超高級に惹かれて買ってみました。まず香りがすごい、一本たてると家中に香りが。。...

スポンサーリンク
スポンサーリンク